読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月刊木村:清須市で営む塾での日々

相伝学舎という塾を経営しています。好奇心の格差時代に、大学受験を通じた成功体験の場を提供することが使命です。

インドカレー屋さんにて木村思う

あま市にあるデビというカレー屋さんにいってきました。たまにはナンで食べるカレーもいいですね。

この種のカレー屋さんは日本各地に多いような気がするんですが、一番に思い出すのは私が大学時代に働いていた塾(高校時代に私が通った塾でもある)の目の前にあったお店です。持ち帰りの弁当が600円だかそこらで、よく生徒と一緒に買って食べたり、お金のあるときにはご馳走してやったりしていました。大学生バイトと高校生って3歳くらしか年の差がないんで、ほぼ友達感覚です。私の妹も通っていて、一時期私の教えるクラスに妹がいましたね。私の指導方針に対し「兄の考えがわからない」といって、2ヶ月くらいで受講をやめていったという変な思い出もあります。笑
社会人になって3〜4年目くらいに当時の生徒から「キム先生、飲みにいきましょう」と連絡があって、オール3くらいの成績から3年間勉強を頑張って青学経済(南山より2ランクくらい難しいです)にいった生徒だったんですが「塾で先生に勉強のやり方を教わって、大学時代もちゃんと勉強できて、就職も無事きまりました」といって就職を報告してくれました。私なんていちバイトにすぎないんですが、そうやって報告してくれて嬉しかったですね。
インドカレー食べると当時のことを思い出します。
とかいいつつ、22歳でインド旅行に行って本場インドカレーでお腹を下してから8年間ほどトラウマで食べられなかったんですけどね。笑
f:id:sodeng:20170307225621j:image
 
清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp

愛知県高校入試の英作文が大問1なんて・・・

高校入試お疲れ様でした。

今年から英語で英作文が出題されるというのは分かっていたことですが、私は事前に発表された形式にある程度似た形で出題されると思っていましたが、事前発表とは少し形が違いました。大問1に出題だったのでほとんどの受験生は、びびったのではないかと思います。ここは大問1を取りあえず飛ばして、大問2からいつも通り解くのが一番冷静になれる方法だったんじゃないかと思います。

うちの塾生たちはどうだったかな〜

ちなみに今日はすでにblog閲覧数が5600超えで、過去最高記録になりました。一番多いときで、同時に150人が閲覧していました。すごっ。1人くらい、興味を持った人はいますか?大学受験は楽しいですよ〜。

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp

なぜ高校は生徒の時間を奪うことに熱心なのか 2

高1の4月で、はりきり系の高校は 「うちの高校では塾や予備校は不要!すべて学校が予習復習宿題を指示します!」 という案内文をしばしばプリントに掲載しますが、これは「自分では何も出来ない、自立できない高校生を3年後に卒業させます」と言っているのと同じに私には見えます。

ついでに塾や予備校を使うことを「他人に頼る態度はやめましょう」、みたいに書く傾向にある気がしますが、そもそも「学校の言うことを全て聞いて、その通りにやってくれれば大学受験は大丈夫です」というのと矛盾しません?

こういう学校があったら、子供を通わせたいですか?世の中のお父様お母様は、口では「子供には自立してほしい」と言うわりに、それがただのスローガンにしかなっていなくて、自立させるための本質をたいして考えていないのでしょうか?

高校卒業後、そして大学卒業後も自分で考えて行動していく人間になるためには、大学受験の時点でそこそこ判断力を養っていなければいけない、というか大学受験は判断と実行を繰り返すこれ絶好の機会です。3年間、自分の人生を賭けて試行錯誤するわけですから、これ以上真剣になれる機会はそう多くはありません。 ではなぜ高校がそうやって生徒の自立を奪う方向に張り切ってしまうのか、これには3つ理由が考えられます。

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp

なぜ高校は生徒の時間を奪うことに熱心なのか 1

大学受験生にとって時間はとてもとてもとても大事なものだと、私は思います。高校生たちがどう思っているか知りませんが、私は塾生のもつ時間がとても貴重で価値あるもので、買えるものなら買ってやりたい、それくらいに思っています。

アホ古典教師が理系の生徒にしばしば現代語訳の予習(まじめにやると1時間かかる)を与えますが、いろんな高校にこの種の教師がいるおかげで、私の塾には古典の教科書ガイドが6冊もあります。

理系の古文以外にも、生物・化学基礎、数学、英語、色々な科目で生徒に予習をさせるのが大好きな教師が生息しており、その手の教師は「生徒に解答集を与えない」という性癖をもっているのが特徴で、そのうえ教材屋もグルなので解答集が書店では買えないようになっています。

私はそういう自己満クソ教師にたいしては激おこなので、あらゆる経路をつかって非売品解答集を手に入れます。定価の5〜10倍くらいの値付けになっていることはザラですが、たかだか数千円で生徒の時間を買えると思うとこれが一冊1万円でも高くはありません。

冒頭で、生徒の時間を買えるのなら買ってやりたいと書きましたが、実際に年間数万円分は生徒の時間を買うための出費をしています。かりに解答集を買うのに5000円かかったとしても、非効率的で無駄な予習時間が1時間から5分に圧縮されれば55分をゲットできます。この55分で5000円はペイしてしまって、2回目以降は全て利益の丸儲けです。それくらい生徒の時間というのは貴重で高価なものです。

もちろん、ひたすら生徒に宿題を与え続けて、テストの追試をやりまくればある程度の学力向上は望めるでしょう。だから、この記事はもともと依存体質の生徒が「そこそこの大学でいいや」と思っている場合には無視して欲しいのですが、一方で「自分の限界に挑戦したい」と思っている人にとっては、じっくり考えてもらいたいです。

自分の現在の実力より1ランクも2ランクも上の大学を目指そうとしたら、他人に言われたことをやるのではなく自分に何が足りないかをつねに客観的に判断し実行していくことが必要です。志望校が異なれば受験科目と配点が異なるし、受験科目と配点が異なれば優先して取り組むべき科目も変わってきます。さらにつっこんでみてみると、入試問題の傾向によって身につけるべき学力も変わります。

もちろん、自分の現在の学力によって英語が優先なのか数学なのか、それとも理科なのか社会なのか、100人いれば100通りまでとはいかないまでも10とか20通りは優先課題が異なってくるし、直前期になればそれがやはり100通りになります。

直前期に100人100通りの勉強方法が必要になることを考えれば、高校3年間をかけてその直前期のための判断力を養うことが必要であることは明らかです。それまでずっと、宿題や追試漬けになっていた人間が直前になっていきなりまともな判断が出来るはずがありません。 とすると、生徒を宿題や追試漬けにすることで生徒の時間だけでなく、判断力を成長させる機会も奪っているといえます。

高1の4月で、はりきり系の高校は

「うちの高校では塾や予備校は不要!すべて学校が予習復習そのほかのやることを指示します!」

という案内文をしばしばプリントに掲載しますが、・・・(続く)

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp

模試の数字をどう読みます?

最近の流行りなのかわかりませんが、この辺の高校では進研模試が幅をきかせています。

この模試、私はあんまり好きじゃないんです。河合塾とか駿台の模試と違って、受験者にとんでもなくアホな層がかなりの数混じっていて判定はもちろん偏差値もたいしてあてにならないからです。学校単位で受験するからなんでしょうけど、この模試は受験生の都合ではなく学校の都合で受けさせられる模試だというのが私の認識です。学校からしてみれば、生徒が全員受験してくれて成績がわかりやすく、しかも全国のアホ層が受験するから偏差値60,70という一見見栄えの良い数字が出やすくて嬉しいとか、そんなところじゃないでしょうか。

受験生たちの時間がこの模試によって年間に何日も潰されると思うと、大変いたたまれない気持ちになります。模試は半日がつぶれます。真面目に復習しようとしたら、さらに半日はつぶれます。マーク模試と記述模試で、年間何日がなくなるでしょうか?

河合塾を中心に超難関大志望者は駿台を併用、秋からは志望大学の大学別模試、くらいがよいと思うのですが。

模試の件は学校のセンスがイマイチだというのが根本にありますが、それに何の疑問をもたず1日を潰して受験する高校生もアホ。「受けないと先生に怒られる」という返事が聞こえてきそうですが、あなたの人生の脇役中の脇役であるどうでもよい先生(卒業したら二度と絡むことはない)に怒られることと、自分の人生を左右しうる高校時代の1日を失うことを、不等号で表したら答えは明らかでは?

この世で一番貴重なのは綺麗なダイヤモンドではなくて時間ですよー??

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp

小論文なめてました

今日は何をかこうかな〜と思っていたら小論文を勉強しはじめた生徒が帰りがけに「小論文、なめてました」と言って帰っていきました。(笑)

「自由英作文と同じくらいのノリで書くものかと思ってました」とのことです。

きっと他の高校生たちも同じような認識なんじゃないかと思います。小論文というのが600〜1000字くらいの作文だということは知っていても、何をどう書くのかという実態を良く分かっていない人がほとんどでしょう。

多くの高校生は実際に小論文をつかって受験するにしても、小論文を教えてくれるところが少なくてあるとしても名駅周辺、かといって名駅まで通うのはめんどくさい、それなら参考書で済ませようとなって、本屋にいってみると「小論文のよくあるテーマとその書き方」というようなあっさりした内容のものが目について、それの例題をいくつか書いてみて「こんなもんか」と思っておわり、という感じ?

実際には背景知識を一通り暗記して、その背景知識を用いて自己と他者、健康と障害者、インフォームドコンセント、環境問題、などの話題について考察する訓練が必要です。時代背景をきちんとおさえれば小論文の内容は似てきます。だから、私は小論文にはある程度模範解答があるのではと考えています。

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp

二週間で小論文がかけるか?

後期にむけて小論文を教えることになりました。前期に集中してほしくて完全にスルーしていましたが、小論文を二週間でかけけるようになるかというと結構難しいと思います。とはいえ、たいして対策していないのはおそらく他の受験生も似たところがあると思うので、悲観しすぎることはんくなんとか詰め込んでもらいます。

小論文というとひたすら書いては添削してと想像するかもしれませんが、実際にはまず覚えるものを覚えなければいけません。小論文で抑えるべきなのは小手先のテクニックではなく、時代背景を踏まえて論じられるかだと私は思います。そのために、近代がどういう時代だったのかをおさえてもらいます。

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp