月刊木村:清須市で営む塾での日々

相伝学舎という塾を経営しています。好奇心の格差時代に、大学受験を通じた成功体験の場を提供することが使命です。

五条高校の生徒が3年間しっかり勉強して国立大学医学部に現役合格した話 1

相伝学舎の第一期生で、浜松医科大学医学部医学科に合格したKさん(五条高校)の合格までの軌跡をご紹介します。

普通、高校の合格実績一覧に「東京大学2名」とか「名古屋大学15名」とか書いてあっても、学部までは分からないうえ、合格した生徒が実際にどういう勉強をしていたのかが明らかにされることはありません。とくに高校の合格実績とは「高校に在籍していた生徒」の合格実績であって「高校の指導通りに勉強していた生徒」の合格実績とはかぎりません。とくに学年の上位1割未満しか合格できないような大学に進学していく生徒は、高校の指導に頼らない勉強をしている割合が高いのではないかと私は考えています。

国立大学の医学部医学科というのは、センター得点率ボーダーが90%、河合塾偏差値が65以上で、かなりの地方であっても東京大学の理類と同程度の学力が必要になるところが多いです。Kさんの合格した浜松医科大学は国立大学のなかでは都市部よりなので、国立医学部のなかでも難易度は高いほうです。

国立大学医学部の受験の難しさは、必要な学力が高いという点のほか、1年で2校しか受験出来ないという制約にあります。国立大学医学部は6年間の学費が400万円以下であるのにたいし、私立大学医学部は最も安いといわれる慶應大学医学部でさえ2000万円で、すでに国立大学の5倍です。愛知県でいうと藤田保健衛生大学は3600万円で、国立大学の10倍近くになります。

親が開業医や会社オーナーでないかぎり医学部を目指すとしたら国立に絞られます。国立は前期と後期の2回出願できますから、2回の受験チャンスがありますが、後期はかなりの混戦となり狙って合格できるようなものではありませんから、前期一発勝負で後期はほとんどダメ元での勝負になります。

医師になりたいと思っても、私立は学費が高すぎる、国立はレベルが高すぎる、となってそもそも挑戦する前に諦めてしまう生徒も多いのではないでしょうか。

滑り止めなしの一本勝負に挑戦しようという勇気を持った次に立ちはだかるのが、どうやったら合格者レベルに達せられるのかわからない、暗闇で突っ走る不安です。愛知県でいえば滝高校や東海高校からなら、国立医学部に合格する生徒がひと学年に数十人単位でいるのでイメージがつくかもしれませんが、公立高校の場合、一宮高校でも国立医学部に合格できる生徒はかなり少ない(たぶん年間で2-3人くらいでは)はずで、合格するにはどうしたらいいのか実感をもつのがきわめて難しいです。医学部受験は、一宮や岡崎等のトップクラスを除く公立高校に進学している時点でほとんど詰んでいるといっても良いでしょう。

実際、五条高校から国立医学部に現役で合格した生徒というのは十数年ぶりらしいですし、Kさんが入塾前面談で医学部志望だと話してくれたときの私の最初の感想も「公立高校から医学部に現役で合格したやつなんて見たことねーよ」というものでした(笑)。

それだけに、Kさんの国立大学医学部合格の持つ意味は大きいです。公立高校の生徒がどのようにして医学部レベルの学力を手に入れていったのか、blogである程度のことは伝えていけます。五条高校の生徒のみならず、愛知県の公立高校生にとって参考になることを願います。

本編に入るまえに、だいぶもったいぶりましたが(笑)、現役で国立大学の医学部医学科に合格することがどれだけ大変なことかを分かってください。

それではまずは、本人に受験生活を振り返ってもらった体験談をご紹介します。

英語でセンター160点なら3冊

私の英語の指導ではセンター160点までなら必要な参考書は3冊で済ませます。速読英単語が1冊に、英文解釈の参考書が2冊です。単語帳は受験が終了するまで何周もとりくんでもらって、英文解釈のほうは10ヶ月くらいかけて3周やってもらえば、読めない英文はなくなります。

センター英語の後半は英語が読めさえすれば落とすことはないので、長文問題で失点を防いで前半の文法問題で知っているものだけ正答できれば160点にはいきます。

さらに180点を目指そうとしたら、文法の参考書を2冊ほど仕上げてもらいます。

英語において文法問題というのは高校生の勉強のメインどころであるのに、案外出題されません。長文を正確に読めさえすれば、だいたい合格点にはのせられます。なので、私は文法問題を授業中にやらせることはないし、センターで9割欲しい生徒を除けば参考書も紹介しません。あ、でも去年は英文解釈の参考書を3周やりきってしまってやることが無いという生徒に文法の参考書を紹介しました。

英語だけでなく、他の科目も必要な参考書というのは5冊以下くらいのものが多いです。大事なのは、何周もして理解を深めることです。

塾や予備校にいかずとも、受験科目数×1万円くらいの出費で大学受験はなんとかなってしまいます。実は。

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp

コロコロかえちゃだめよ

ちょっとやる気が出た高校生のやることといえば、本屋さんで大学受験の参考書コーナーをうろつくことでしょうか。有名な参考書をふくめ、なんとなく学力が上がりそうなタイトルのものが何冊も目に付くことでしょう。

大学受験で陥りがちな失敗は「参考書をコロコロ変える」です。これをやるとまず学力は上がりません。コロコロ参考書をかえることで、どの参考書からも表面的な知識しか身につけられない、というのが表面的な説明になるのでしょう。

しかし、本質的には参考書をかえるという行為にあるのではなく、そうしたくなってしまう考え方に問題があるように思えます。

参考書にとりかかる→2週間くらい取り組んでみたが学力が上がる実感がわかない→これより良いものがあるんじゃないかと不安になる→新しいものに手をだす

というのが、参考書をかえてしまう人の考え方でしょうか。一方、参考書を変えない人は

参考書にとりかかる→2週間取り組んでみたが学力が上がらない→そんなものだと思って我慢して続ける→2-3ヶ月後になんとなく出来てきた感がする→半年かけて2周してめちゃくちゃ偏差値が上がる

というサイクルを回しています。

どこに境目があるのか?それは、過去に成功体験を持っているかどうか、というのが私の現時点での予想。

学力とはある閾値を超えた段階で急激に伸びるもの、という成功体験があれば1ヶ月やそこらで結果が出なくとも継続できます。が、そういう経験が無い人というのはこのまま時間切れになってしまうのではないかという不安におちいるのでしょう。

勉強ではなくてもいいから、我慢の時期がある成功体験を15才までにしていてほしいです。

 

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp

経済学部を数学受験すると合格しやすい?

文系の生徒は日本史・世界史を選択する生徒が多いですが、経済学部や商学部だとほとんどの大学で数学を選択できます。

結論からいうと、数学受験のほうがラクだと私は思います。

f:id:sodeng:20170403202657p:plain

(河合塾 入試難易ランキング http://www.keinet.ne.jp/rank/ より)

河合塾のランキングをみてみると、慶應の経済学部でB方式は70.0にたいしA方式は67.5です。Bは歴史受験で、Aは数学受験です。1ランク違います。商学部も数学が必要なB方式のほうが難易度が低いです。上智大学も、経済学部経営学科が社会・数学からの選択にたいして経済学部経済学科が数学のみの選択で、やはり経済学科のほうが1ランク低くなっています。

私の経験でいうと上智大学の経営学科は不合格でしたが、経済学科は合格しました。今年の高3の結果をみても、歴史受験より数学受験の生徒のほうが合格している印象があります。

入試には補欠合格という制度があって、合格最低点に届かなかった人を補欠合格としておいて3月中旬以降に繰り上げて合格させるものなのですが、慶應の補欠合格をみていると歴史受験のB方式よりA方式のほうが2-3倍くらいの補欠合格者を出しています。

経済学部はミクロ経済や統計で結構数学を使うので、大学側としても数学受験者のほうをとりたいんじゃないかと思います。

生徒には最大限レベルの高い大学に行って欲しいので、文系であっても1年のうちから数学に一番時間を費やすよう指示します。数学が出来るだけで、人生がものすごく切り開かれますよ。私は数学に救われました。

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp

分かると出来るの間には距離があるよ

新高1の春期講習は、中学の数学と高校の数学が完全に別モノであることをわかってもらうことに集中しています。

「野球とサッカーくらい違うからな〜チャート5回繰り返せよ〜」

と口でいっても、その通りにやってくれるとは限りません。というか、やってくれません。昨日今日と、これまでに教えた19題の例題を演習させていたのですが「何も復習してないだろ!」と突っ込まざるを得ない程度に、ボコボコです。

5回繰り返して身につけるという感覚を早期に習得してもらうためにも、最初のうちは勉強に積極的に介入します。展開と因数分解というのはそこまで難解ではありませんが、ここで「繰り返し演習して意味を理解すること」の意味を実感できれば道のりが一気に明るくなります。

たとえば因数分解の手法は、共通項をくくり出す、たすき掛けをする、次数の低い文字に着目して整理する、3乗の展開公式の逆をする、と手数は限られています。その一つ一つを授業で聞いて「わかる」というか「分かった気になる」というのは、中学時代まあまあ成績の良かった生徒にとっては難しいことではありません。

しかし、授業を聞いて「分かった」という感覚が実は「分かった気になった」だけであるということに気づけるかどうか。それは、5回繰り返し復習していくなかで、4回目とか5回目でやっと実感できることです。

「合っていた問題も5回繰り返すんですか?」

YES!よほど簡単な計算問題を除けば、2回目くらいで正答できたことにたいして意味はなく、問題を見てから答えにいきつくまで呼吸するヒマもないくらいサラサラ解けるという状態になるまでは、「出来るようになった」と私は定義しません。

サラサラ解けるという状態になると、問題を見る目が変わってきます。

好きな映画を2回、3回見ていくとだいたいのストーリーが頭に入っているので、ストーリーの細かいところとか、伏線の関係を楽しめるようになるでしょう。数学も同じです。繰り返していくうちに、前後関係が読めるようになります。

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp

授業だけじゃないんです塾って 3

決めることというのは、手を動かすことよりはるかにエネルギーを使います。私は春休み3週間連続で毎日2〜4回×2時間の授業をしていますが、塾の名前を決めるとか物件を決めるとか、そういう仕事から比べたらはるかにラク。やること決まってますから、何も考えずやるだけ。でもそんなのは誰でもできるし、私より頭の良い大学生をつかまえてバイトさせてもいいくらいです。

一方で、目の前の生徒に、どの科目からどうやって勉強させていくか考えるのは頭の良い大学生を捕まえて時給5000円くらい払って済むかというと、それは難しいです。たとえば名大の医学部生をつかまえても出身高校が超名門私立(東海とか)だったら、公立高校の生徒がどれだけアホか(失礼)つかむまで結構苦労すると思います。一方、公立高校出身で医学部レベルまで学力を上げた経験のある大学生なんてレアすぎてつかまえられません。

その点、私は医学部レベルほどではないですが私大ではそれなりのところのレベルまで英語も数学も引き上げて合格した経験があります。アホな公立高校のなかで高1〜高2のうちは授業中友達のもってきていたマンガを読むくらいしかしていませんでした。ど底辺から、難解な英文が読める・数学の問題が解ける、というレベルにいくまで色々な景色をみてきました。

私の好きな吉野敬介という元代ゼミ、現東進の古文の先生がいてその人の本(だからおまえは落ちるんだ、やれ!)のなかにこんなことが書いてあります。

オレの教え方の原点は、自分のあの四ヶ月の受験勉強時代に戻ることにある。まったくデキないヤツのこと。少しデキるようになったヤツのこと、かなりデキるようになり偏差値が70を超えたヤツのこと。下から上まで、すべての通過点をオレ自信が四ヶ月で駆け抜けてきた。そいつらをわからせるために、もっと上に引き上げてやるために、どうやって教えてやればいいのかを、オレは自分の原点に戻って考える。これは、オレにしかできないことだと思っている。

私も塾で教えるときにはまったく同じ感覚です。生徒のわからないところが分かると、誰を教えてもそれなりに理解させることができます。100%までとはいきませんが、再現性は高いほうだと思います。

ただ大量に勉強させれば良いというのは、生徒個別の課題を無視しているし、再現性があるのか甚だ疑問です。指導する側はもっと上流の過程に目を向けるべきです。

何を書いているのかよくわからなくなってきましたが、とにかく私の塾を選んでくれた人はありがとうございます。私も頑張るのでお互い頑張りましょう。

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp

授業だけじゃないんです塾って 2

「受験の指導」というのがどういうものなのか、大変に誤解をしている人が多い、というか高校生やその保護者で分かっている人なんてほとんどいないと思います。

大量の補習と宿題が良いとされている地域です。私の言うことなんて、100年たっても理解できないでしょう。

勉強を長時間するということは、学力を得るための行為としては極めて末端のことです。もちろん長時間の勉強は合格するためには必要なことですが、それだけでは学力が上がるどころか下がることすらありえます。

「毎日何時間もやっているのに、模試の成績が毎回下がる」という悪夢のような経験に悩む生徒を、開校2年にして数人見ています。本人からしたら不思議でしかたないことのように思えるでしょうけど、私からすれば原因も解決策もだいたい予想がつきます。

「学校で教わる勉強というのは、おそろしく無駄だらけ」というのは、私が十数年前に塾で勉強を教わるようになったときの感覚です。私は神奈川県の公立高校、それも宿題なんて3年間で何回あったか?というレベルの放任スタイルのところでしたが、放任だろうと管理だろうと教える人間は同じ公務員でたいして変わらないでしょう。愛知県の高校で教わることも、無駄だらけだろうというのは想像に難くありません。

学力に直結する勉強と、しない勉強があります。昨日、1000点満点の入試で100〜200点は寄与できる自信アリと書きましたが、学力につながる勉強を教えてあげられるのでそう思うのです。

たとえば、私は数学の授業で青チャートを使っていますが模試でそれなりに結果が出る生徒にはよりハイレベルな参考書(一対一など)を紹介します。これが学校なら「宿題とテストをやっておけば大丈夫」と適当な返事をされておしまいでしょう。

逆に、数学がダメで体験授業にくる生徒には「教科書からやりなおします」といって教科書を勉強させますが、学校なら「宿題とテストをやっておけば大丈夫」くらいの返事しかもらえないのでは。

教材選定一つで、同じ100時間の勉強でも模試の偏差値はずいぶん変わります。生徒のステージごとに適切にアドバイスできれば、入試当日の点数が塾にこないより100〜200点くらい上がるだろうと、思えますよ。

こういうアドバイスは生徒の学力を適切に把握していないとできません。高校の面談ではまずもらえないアドバイスでしょうし、予備校にいっても得られるかどうか。ネットで検索してもあなたにぴったりのアドバイスは落ちてませんよ。

私は授業中のテストで全員の解答を見ているし、ヒマがあれば模試結果を頭にいれています。生徒のことをちゃんとみていないと、何も出来ません。

「長時間勉強すること」は学力を上げる行為においては末端ですが、逆に、最も根幹にあるのは「何を、どう学ぶかを決めること」です。

毎週末数学のプリントを宿題にだして、間違えたところを赤ペンで修正させるという勉強した気分になるだけの指導が果たして良い指導なのか、是非考えていただきたいです。

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp