読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月刊木村:清須市で営む塾での日々

相伝学舎という塾を経営しています。好奇心の格差時代に、大学受験を通じた成功体験の場を提供することが使命です。

会社員時代のこと

会社員生活の飲み会を振り返る

新聞に「ビアガーデン解禁」みたいな記事があって会社員時代を思い出しました。私、今はもうお酒を飲まないことにしているのですが、会社員のときには人並み程度にいつまでも苦いビールを飲んだりテキーラのショットを飲んだりと、それなりにお酒を飲んでい…

ゴールデンウィーク前にやること

カレンダーをみるとあとゴールデンウィーク1週間前だとわかるんですが、会社員時代はこの時期になると、有給をとって連休にするかどうかよく考えてましたね。 今年は月、火が平日で水〜日まで休みなので、月・火を休めば9連休です。自営業になると、休んでて…

ノロウイルスは、きつかった・・・

最近、ノロウイルスが迷惑なことに大流行中らしく、気をつけなければいけませんね。自衛隊基地で350人が感染の疑い、というニュースの裏側にある、350人全員に行き渡らないトイレを思うと、腹痛の苦しみ以上の苦しみがあるのではないかと、大変痛ましい気持…

富山県が良いんです

今日、妻と湯吉郎にいってきました。風呂上がりにダラダラすることで、水で戻される乾燥ワカメみたいな気分になれるので休まります。 それで営業をやっていたときに富山に出張していて、夕方頃に何件か訪問が終わって「もう今日はいいや」という気分になって…

何もうまくいかないときは、何もしない

今日は朝から晩までカラダの重い一日でした。たぶん、花粉症か雨のどちらかが原因だと考えているんですが、加えて来年度の時間割、春期講習の内容、確定申告など決めるのが結構大変な仕事が多いことも影響していそうです。 リフレッシュに数学に手をつけてみ…

電話にでない先輩

ちょうど1年前くらいに塾の内装ができあがり新聞折り込みチラシを入れたわけですが、最初のうちは「はい、そうでんがくしゃです」とお問い合わせの電話にでるのが恥ずかしさと期待が入り混じって妙な気分だったのを思い出します。 今では電話に出るのは完全…

憂鬱なタクシーの思い出と、おすすめフジタクシー

以前サラリーマンをやっていたときには名古屋市の久屋大通にオフィスがあり、基本は電車移動だったのですが週に何度かはタクシーを使うこともありました。 もちろんこういう寒い時期、もしくは真夏の暑い時期にはタクシーで移動できるというのはラクではある…

営業の期末

会社員だったころはこの時期年度末で、とにかく案件の売り上げをたてることが求められていました。12月中に計上できるか1月になるかは営業としては大きな意味があり、課の数字を部長からつめられる課長の人たちはとくに大変そうでした。部長は部長でその上に…

12月の交通量が増える理由

塾の前には旧国道が通っていますが、今日は平日なのにいつもより車の通行量が多いなと思ったら12月でした。12月には「バタバタする」とかいう表現が使われますがなぜでしょうか。私が思うに、理由は2つありまして1つは営業が年末挨拶でお客さんのところに訪…

大人の世界

先日、大人の社会という名前で厳しい資本主義社会について中学生に講義したという記事を書きましたが、会社員として営業をしていたときに勉強になったのは騙そうとしてくる人って世の中に案外多いということですね。 それまで小中高大と平和な世界で過ごして…

答えは自分の中にある

以前会社勤めをしていたときにグロービスというビジネススクールに通うことがありました。3ヶ月隔週合計6回で1つのテーマを学ぶ形式で、クリティカルシンキングというコースと、マーケティングのコースの合計2テーマを学んだんですがここの講義がなかなか面…

東京都の通勤事情

大学を卒業して入社した会社は本社が新宿にありまして、私は小田急線という新宿〜小田原を行き来する路線にある経堂という世田谷区の街に一人暮らしをし始めました。新宿へは小田急線の他、京王線、中央線、山手線、丸ノ内線、大江戸線とかなりの選択肢があ…