月刊木村:清須市で営む塾での日々

相伝学舎という塾を経営しています。好奇心の格差時代に、大学受験を通じた成功体験の場を提供することが使命です。

木村の考え

手応えのあてにならなさ

高校3年生は連日私大入試を続々受験する時期ですね。そのなかで「今日は手応えアリ!」とか「いまいち解けなかった・・・」とか、帰りの電車で一喜一憂していることと思いますが、大学入試は自分の手応えというのは合否を読むにあたってまったくあてになりませ…

大学受験のボーダーライン

大学受験での「ボーダーライン」といえば、河合塾が発表している「この点だと合格可能性50%だよ」という基準です。模試でいうところのC判定になります。 高校受験ではボーダーラインというと「この点を上回っているとたぶん合格だよ」というのが共通認識にな…

合格通知によって何か体内の成分が変るわけではない

大学受験というのは高校受験とちがって第一志望合格者が格段に少ないので、難関大を目指したとしてもダメなことだってあるというかむしろダメになる場合のほうが多い競争です。でもだからといって、最初から諦める必要はないし、どうせ行けないなら適当にや…

大学受験なんて猛勉強すればするほどお得です

受験勉強のいいところは、やればやるほど将来の選択肢が増えるところです。学歴フィルターという言葉がありますが、あれは都市伝説じゃなくて本当にあります。学歴が一定以上ないと、就職したい会社があっても書類選考で落とされてしまいます。 やりたい仕事…

やりたいことあります?

やりたいことがたくさんあるというのは、達成しようという気持ちになる種がたくさんあるということだから、あればあるほど人生は楽しくなっていくものです。 高校生からすると、行きたい大学がないとか、将来やりたいこととか言われても想像もつかないとか、…

やりたいことだらけ

いまは塾の仕事に100%フルコミットしていて、32歳という時代をとても楽しんでいます。自分で考えて判断して行動しろと伝えている塾は自分でいうのもなんですが大変意義のあるものだと思いますし、そういう理念的なことを除いてもちゃんと学力の上がる勉強を…

今年の私大入試どうなるか

新聞に、私大入試が定員厳格化で受験生は大変、みたいなことが書いてありました。昨年は本当に私大入試はキツくなって、かなりのインパクトがありました。 今年は政策的背景から推測するに難易度は昨年並みですが、昨年がヤバかったので今年も相当厳しい戦い…

価値ってなんでしょうか

お金を払って何かを手に入れるときに、それが姿形のある物体であればなんらかの価値がありそうだと誰でも思います。それをつくるための原料コストとか、加工コストが想像しやすいからです。 では「青チャは同じ問題を5回くり返すと定着するよ」という情報は…

学力は「上がる」んじゃなくて「上げる」ものだ 2

学力は、「上げる」と思って勉強に励めばあがります。途中で「上がらないかも」と弱気になるから上がりません。 どうやったら「上げる」と思い込み続けられるのかというと、一つは自分のやっている勉強にたいして自信を持つことであり、自信を持つために根拠…

学力は「上がる」んじゃなくて「上げる」ものだ 1

高2の生徒にとっては入試本番まで残り1年になりました。高1にとっては残り2年です。受験が近くなって、残り時間で自分はどれくらいのレベルまでいけるんだろうかという不安がある人もいると思います。「あと1年で早慶いけますか?」とかいう質問をしたくなっ…

継続できるのが一番です

blog継続日数が1290日です。約三年半、毎日blogを更新しています。実は3年半のあいだには4回くらい「やべっ日付すぎちゃった」という日があるんですが、99.9%はその日中になんとか仕上げてます。これだけやってると広告をうたないでもそこそこ認知されるよう…

時間を圧縮して次のことをやろう

高2、高3の英語の授業は毎回5時間くらい準備に時間がかかっていて、題材にする英文を選ぶ時間を考えたらさらに時間がかかっていたのですが、それらは全部ワードファイルに保存していたおかげで昨年からは準備時間がかなり圧縮されました。それまでは高2、高3…

冬休みの時間割おわり!

今日で冬休みの時間割が終わって、明日から通常の時間割に戻ります。 夏休みは全部で40日程度あるので、あいだにちょくちょくオフの日をつくるよう時間割をつくったのですが、冬休みは短いのでまあいけるだろと思って時間割をつくったら、20日近く休みがなく…

もっと良いやり方はないか

数学をもっと得意にしていくためにどうしたらよいか、ずっと考えています。繰り返し同じ問題をとくなかで、「ああこういう意味か」という感触をより多く味わってもらう、吸収にフォーカスをあてています。 ものすごく短期的に、たとえば次の定期テストで順位…

奇抜な受験テクニック

入試問題集のコメントに「奇抜な受験テクニックは必要ない」と書いてありました。受験テクニックというのは何のことを指しているのでしょうか? 国語や英語はいわゆるテクニック的なことをうたう参考書がちらほらありますが、数学において受験テクニックとい…

目標たてません

毎年、年末年始になると目標など考えたくなるのが人間というものだと思うんですが、塾の仕事において年末年始は受験勉強の盛り上がりピーク付近になるので、「よし今年はどうするぞ」とかいう気持ちにはなりません。 なるとしたら高3の生徒達の受験が終了し…

2019年スタート

あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。 昨年も自分のやりたいことに純粋に生きることができました。今年もまた、自分のやりたいことを追いかける1年にしていきます。 時代的にも、最大公約数的な何かを追い求める価値観が終わりつつあ…

年末挨拶

浜松医科大に通う卒業生が、塾に顔を出してくれました。「年末の挨拶で・・・」とか言う、律儀な男です。塾の先生と生徒というのは、大学受験が終わってしまえば生徒が塾に来ない限りは基本的に関係が無くなる存在であることを思うと、こうやってわざわざ会いに…

思いつき大事よ

年末でアクセス数が減っているので、適当に思ったことを書いていきます。 今年は5月頃に「2店舗目つくろ!」と思い立ったことで大きな変化の年になりました。昔からの夢でもなんでもなくただの思いつきです。なんで思い立ったかというと、住んでいる家の近所…

愛の貧乏脱出大作戦に学ぶ

今の身分では上司というものが存在しないので、自分を成長させるためには常に自分で勝手に反省して改善していかなきゃいけないんですが、自分で自分のダメなところに気づくにはいろんな情報をインプットして自分に刺激を与えるということが有用です。 で、最…

模試悪くても落ち込むなよ 2

高校というのは似た学力の生徒が集まっているので、勉強方法をちょっと工夫するだけで模試の結果などなんとでもなります。だいたい高校生のみなさんが悩むのは数学に集中しますが、今まで学年で下位10%くらいの生徒を何人も復活させてきたので間違い無いです…

模試悪くても落ち込むなよ

中学生を教えると、今回の定期テストは前回の15位から10位まで上げられるよう頑張ろうとか、7位から5位とか、そういう狭い範囲の話になりがちですが、高校生は学年の下位5%から上位10%まで上げてみようとか、高低差の激しい話になることがあります。 仕組み…

服を買った翌週にセール価格

先日、ユニクロで服を買ったんですが今週になって同じ服がセール価格で2000円も下がってました。速く買った人が損をするのはファッションあるあるですが、自分がそれに当たるとめちゃくちゃ悲しい気持ちになります。2000円はどうにもならないので諦めて、ま…

分からない感覚

数学を授業で教えるときには、まだ自分が理解していなかったときの感覚を思い出して、そこから論理的に説明していくことになります。しかし普段から自己研鑽のためにレベルの高い問題を解いていると、基礎の基礎の事項はどんどん無意識で計算できるようにな…

結局最後は偏差値じゃなくて過去問題

高校3年生の受験日程の相談を受けることがあるんですが、去年の恐ろしい入試を経験すると滑り止めに神経質になります。ちゃんと滑りどまるのか?を考えます。 結果が全部でたあとでどうするかはまたその時考えればよいんですが、受験全体の設計としてはちゃ…

映像みるのは楽しいけど見ないのも楽しい

さっき私の好きなバンドの新しいアルバムの音源がユーチューブで公開されているのを聴いてたんですが、途中で映像をみるのはやめました。 映像をみてるとギターを弾いてる様子とかドラム叩いてる様子がわかるので楽しいんですが、音楽に集中できてないんです…

テストできなくても追試しないでいいよ 2

しかし塾には限界がありまして、たとえ塾で自由にやらせようとしてもこの辺だと大変大変ありがたいことに学校がいくらでも宿題や追試を与えて下さいますから、結局主体性が芽生える前に生徒は時間を消費する傾向にあります。宿題やると「やった感」を得るの…

勉強をやりすぎることはない 2

受験が終わったあとに「こんなに勉強やらなくてよかったな」と言う人はなかなかいません。大学受験は高3の4月時点の第一志望に受からない人がほとんど(というかそもそも受験すらできない)なので、第一志望に届かなくて「もっとやっておけばよかった」と思…

勉強をやりすぎることはない 1

社会人になると、勉強をする人としない人はかなり極端にわかれます。やる人は呼吸をするように自然にやるしやらない人もまた呼吸をするように自然にやりません。大人になってからの勉強は高校生にとっての受験勉強とは違って多くの場合自分の仕事のレベルア…

より良い塾にしよう

最近は新拠点でやること含めて、新しい教え方を色々研究していまして、考えるときには理解力のある生徒、ない生徒様々な状況を想像しています。こういうやり方はいいかもしれない、でも生徒の理解力が足りなかったら別の方法が必要だ、などと考えていると結…