月刊木村:清須市で営む塾での日々

相伝学舎という塾を経営しています。好奇心の格差時代に、大学受験を通じた成功体験の場を提供することが使命です。

木村の考え

センター試験お疲れ様でした

3年生のみなさん。 センター試験お疲れ様でした。 できた人もできなかった人も、出願を決めて二次試験にむけて切り替えていきましょう。 とくにできなかった人は、残念ながらもうセンター試験の得点はどれだけ悔やんだところで変わりません。 残された日数だ…

私のレベルはどのくらい?

「1日何時間勉強すべき?」 とか 「3ヶ月でマーチ受かりますか?」 みたいな一般論の質問をさらにレベルアップさせると、 「1年後、私はどのへんの大学なら合格する可能性あるでしょうか?」 という、個別事情を考慮した質問になります。 この手の質問を私に…

結局受験は自分との戦い

最近はあんまり聞かれなくなりましたが、 「1日何時間勉強やったらいいですか?」 とか 「○ヶ月で、××大学受かりますか?」 とか、気になってしまう高校生はいると思います。 というか、誰もが一度は気になることといってもいいかもしれません。 第一志望に…

想像を超えていく生徒がいた場合 2

これまでの私の指導経験の範囲から飛び出る生徒というのは(上にであれ、下にであれ)、塾を長くやると必ず現れます。 そういう場合でも、「こうやって勉強していこう」という指導を的から外れない効率的なものにしていかないといけません。そこを外すと、自…

想像を超えていく生徒がいた場合 1

3年前の今頃のblogを読んでいて面白い記事がありました。 sodeng.hateblo.jp 普通の人では出来ない暗算(3桁×2桁のかけ算とか)を脳内そろばんで処理してしまう中学生で(当時は中学生クラスがあった)、その暗算力のせいで答案がカンニングしたとしか思えな…

自主的自由登校のすすめ

大学受験では「自由登校」なる文化があります。 実は、今までblogでは自由登校の存在自体は何度か言及していましたが、受験直前期にblog記事にするのは避けていました。清須校舎の近隣の高校で、自由登校をやっている生徒の5人に1人(※木村調べ)は当塾の生…

遊ぶ2

今年のテーマである、 遊ぶ ですが、なぜ「遊ぶ」なのか。 突然ですが、みなさん、幸せですか? 幸せですよね。 私、先日は売上が伸びましたなんて書きましたが、売上が伸びた分塾のことでお金を使ってしまうので、なんと恐ろしいことに額面収入は社会人2年…

遊ぶ 1

予定通り、2020年1月1日朝6時30分から働いています。 みなさま今年も宜しくお願いします。 振り返ると昨年は、海外に行きたいとか、化学をマスターするとか、筋トレするとか、たくさん宣言しておいてほとんど達成できていないことを一応告白しておきます。 …

2019年おわり

いや〜2019年もついに終了ですね。 今年も最高の一年でした。 2月に塾が燃えた時には「閉店」の2文字が本当によぎりましたし、片付けている間なんども心が折れそうになって妻に何度「もう辞めるわ」と弱音を吐いたかわかりませんが、なんとか復旧できたし、…

生徒がそうしたいと思ったものが正解

志望校を変えたいという相談を受けることがあります。 もちろん自分の気持ちにしたがって、自由に変更したらいいと思います。 変化するというのは現状を維持する何倍もエネルギーを要するものですから、変えたいと思うことはそれだけ自分の主観が育っている…

考え方が変わっていく可能性

学校でやらされる勉強が正しいものだと疑わない生徒にたいして、参考書中心・自習中心の勉強生活を教えていくのはとても難しいというかたぶんこちらから働きかけて変化させていくのは不可能です。どこかで自分で気づかないと変わっていきません。その気づき…

教えるのは簡単だが発想を変えていくのは難しい

朝塾で、小学生にそれぞれが興味のある分野の問題集や、私から提案した問題集を解いてもらって自分で丸つけまでしてもらっているのですが、「おわりました」といって見せてもらった問題集を見ると、 解いた 間違えた で終わっている問題が結構多かったりして…

自習が一番大事というのは誰もが目を背けたい事実

今年も一年、勉強にお悩み中の高校生の学力を上げることが出来ました。というか、学力を上げる生徒のお手伝いが出来ました。「上げることが出来た」というのはちょっとおこがましいですね。 当塾の方針として、英語にせよ数学にせよ、原理原則からスタートし…

気をつけてほしいこと

さて今日まで独り言を続けますが、幼少期にソフトスキルが育つにはどういう条件が考えられるかというと、朕思うに、安心出来る家で生活していることがあります。 それはもちろんツーバイフォー工法とか水没しても大丈夫なよう火災保険がしっかりかかっている…

幼少期に身につけたいこと 3

塾で学生達に教えていて思うのですが、昨日までに書いたとおり、教育の段階が早くなるほど(幼少期になるほど)、身につけるべきことというのがソフトスキルになっていきます。 というか時系列を考えれば逆で、年齢があがれば上がるほど教育で教えられる内容…

幼少期に身につけたいこと 2

学力が上がる生徒とは、受験に向いている性格と、人に教わることに向いている性格と昨日述べました。 人に教わることに向いている性格というのは、素直な性格です。 「こうやってやると上手くいくよ」という教えをまずはその通りやってみる、良く言えば素直…

幼少期に身につけたいこと 1

普段高校生を教えていて、学力が飛躍的に伸びる生徒もいればそうでない生徒ももちろんいます。 そこで結果の違いをもたらすものは何かと考えることになります。 だいたい0.5秒くらいで結論はでるのですが、それは入塾時までにもっていた知識とか学力ではなく…

木村の未来は

昨日引き取り手を募集した椅子ですが、24時間で全て引き取り手が決まって、驚いています。 粗大ゴミ申し込みめんどくさいな〜と何ヶ月も思っていたところだったので、ありがたいと思いますし、何より椅子本人も、粗大ゴミ送りにされてバラバラに解体されるの…

これから一瞬です

気づけば12月です。これから1月にセンターを受けて、2月に私大、国立二次を受けて、あっというまに受験は終わってしまいます。 第一志望の受験前夜に、自分ができることは全てやり切ったと自信をもって眠りにつけるように、毎日を大切にしていきましょう。 …

失敗成功クイズ

小さい子が箸を使って食事できるようになることを思い浮かべてください。 最初は箸の持ち方すら知らないし、うまく食べ物をすくえないからボロボロこぼします。床はご飯粒に味噌汁に納豆に・・・ぐちゃぐちゃで掃除が大変です。 次の日、やっぱりまだうまくすく…

強制することはありません

当塾は生徒数がそんなに多いわけではないわりには、学年で底辺層だった生徒がまあまあ上位に復活するとか、上位層だった生徒がさらにてっぺんまで上がっていくとかいう学力up劇の数は多いと思います。 もちろん世の中の逆転ストーリーの多くが裏にカラクリを…

鳴くまで待ちます

当塾では生徒に大量の宿題を与えて土日に机に向かわざるを得ない状況を作ることや、授業以外に補習をつくって強制参加させるという、この地域の高校では一般的に見られる指導は行っていません。 中学生向けの塾では宿題で生徒を管理するところが多いようなの…

意味不明なことを自信を持って発言

blogでちょくちょく書いていますが、私は公立高校生が第一志望に合格するなら学校の基準にとらわれず自分のやるべき勉強をゴリゴリすすめていくべきだという考えを持っています。 もちろん、どうすれば受験が成功するかという方法論などいくらでもあり、その…

歴史に学べる人はスゴイ

当ブログでも何度か引用している 愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ というどこかの誰かの有名なセリフですが、最近そんなことないんじゃないかと思っていまして、実際のところは 賢者は経験に学び、愚者は経験しても学べない。歴史に学べる人はスゴイ。 …

教える側と教わる側では視点に違いがある

塾でも学校でも信じ切るのが大切だと書きましたが、危険なのは完全に独学でやること、すなわち自分だけを信じてやることです。完全にまでとはいかなくとも、指導者と自分の判断を半々くらいで入れてしまうと危険性が高まります。 いくつか理由はありますが最…

私も完全にそうだと思います

先日、大学生スタッフの先生(一宮卒、名大医医)との会話 木村: まえ生徒に『なんでうちの卒業生(西春)のなかには学校の授業だけで名大に受かる人がいるんですか。それだけで行けるイメージがまったくわきません』と言われて、そのときは『受かる30人の…

自由民権運動がまだ起こってない社会

小学校教員が同じ教員を「いじめ」ていたという事件ですが、目にカレーをこすりつけられるとか、車のルーフにのるとか、一般の人がやったら民事か刑事かわかりませんが何らかの争いごとになると思います。 これは小学生どうしとか、中学生どうしの「いじめ」…

テスト前に自習室が混むなんて・・・

テスト前は自習室の混雑率が上がります。 普通は「よしよしみなさん頑張っているな」と思うところかもしれませんが、私はテスト前に塾が混むのを見ると、テスト前は自習室をお休みにしてやろうかなと思ってしまいます。 中学生じゃあるまいし、テスト前に勉…

西春高校生=鯛 説について補足

昨日の記事で「鯛は西春高校生みたいだ」と書きました。 sodeng.hateblo.jp 実は当塾は、「管理教育をぶっ壊す!」と言っているのに、管理教育まっただ中にいる西春高校とか五条高校からの通塾割合が多いのです。まあ、なんだかんだいって塾から近い進学校と…

お蔵入りになるリアルタイム記事

久しぶりに不満ぶちまけ系の記事を書いてみましたが、ぶちまけている割には結構冷静です。というのも、現在進行形で当塾の誰かが先生とバトルしてるわけではないからです。 だいたい交渉が発生するのは長期休暇前で、そんときは私も激おこして「ウンコウンコ…