月刊木村:清須市で営む塾での日々

相伝学舎という塾を経営しています。好奇心の格差時代に、大学受験を通じた成功体験の場を提供することが使命です。

木村の考え

こういう日に自習室こないと

先週の日曜日は定期考査前で自習室が大変混雑していたのですが、今日はスカスカです。 私は定期テスト前に自習室が混むことには塾を開いたときから残念だと思っています。定期テスト前だからいつもより頑張ろうという気持ちのムラがよくない。流行りが一瞬で…

定期考査期間も授業は進みます

今週〜来週にかけて定期考査期間の高校が多いですね。当塾では、定期考査の期間中も授業を普通にすすめています。 中学生向けの塾だと、定期テスト前は授業の進行を止めてテスト対策をするところが多分多いと思いますし、私もかつて中学生を教えていたときに…

勉強って作業なの?

よく高校生がテスト範囲の数学問題集を解いて間違えたら解答例を色ペンで写して提出、みたいなのことをやってますが私はあれが嫌い。 勉強とは体系的な知識を得ようとする知的活動なのに、宿題として形式を固定すると一瞬にしてただの作業に変わってしまうか…

最後は自分で出来るように!

生徒の学力をよく理解して、志望校を理解して、そのために必要なことは何かを一生懸命考えて合格に少しでも近づく手伝いをするのが私の仕事だと思って居ますが、最終的にはこのプロセスを高い精度で、自分一人で出来るようになってほしいです。 結局、自分の…

叙々苑にいきたいのはなぜか

値段の高い焼肉やさんに食べに行きたいですか?叙々苑とか。 と聞かれたら普通行きたいと答えるし、なんなら想像してすでに口の中がもぞもぞしている人もいるでしょう。 叙々苑ではないにせよ、少々高い焼肉やさんにいったことがあれば、想像が膨らんでいき…

焼肉とご飯

東山動物園にいってきました。名古屋高速に乗ると清須市からはかなり近いですね。 園内にはフレッシュネスバーガーなどいくつかの飲食店が入ってました。動物園内の施設としては珍しい気がしますが、ナイスアイデアですよね。動物園はテナント料が入る一方で…

上位1割に食い込め

今日ある生徒から実力テストの結果をみせてもらったら数学が学年一桁でした。高1の最初からやれば実力テストとか模試で学年上位1〜2割くらいは頑張ればいけます。さらにその上になると、かなり頑張ればいけます。定期考査での順位はいいことにこしたことはあ…

季節の変わり目注意

最近、病欠の生徒がちらほらいるので出席中の生徒に聞いてみたら、結構風邪が流行ってるみたいですね。怖い怖い。私は有給休暇というものがなくて、風邪を引いたら塾が営業できなくなってしまいます。なので結構気をつかっているほうですが、それでも塾を開…

口だけにならないように

私は昨日みたいに「出来ると思って頑張ろうぜ!」的なことを書くことが多いので、当塾は「僕、東大志望です」「私、京大志望です」と夢を持ってくるとても学力の低い高校生が年に1人は必ずいるのですが・・・また今年もそういう生徒が来る前に、釘をさしておき…

できないと思い込んでませんか

先日、私は自分のことを洗脳していると書きました。脱サラした当初はあらゆる手法を使って自分を洗脳しました。内容は怪しすぎるので書きませんが、軽い洗脳なら今もやってます。その一つは、「誰にも会わない」です。人にあうと良くも悪くも考え方に影響を…

主役と脇役

こののままいくと志望校きついなあという光景はわりと頻繁に起こります。とくに高1、2のうちは自分の実力と志望校の距離感があんまりつかめていないケースが多いのでその傾向が強いです。そんなとき、もっとあれやってこれやろうぜという気持ちになるのです…

幽体離脱して考えました

今の集団授業形式で塾を始めて3年半が経ちました。このやり方は、私が通った塾であり大学時代に働いた塾でもある神奈川の個人塾の真似をさせてもらってのものですが、いざそれを私がサービス提供者としてやった場合に、うまくいくところといかないところがだ…

主役が自分だからこそ楽しい

何度も書いてますが、塾での勉強というのは授業を受けて自分がやるかやらないか、あるいは、この参考書をすすめてねと言われて自分がやるかやらないか、そこがカモになるかどうかの境目です。全国のこのblogの賢明な愛読者の中高生にはこの点をぜひおさえて…

借金返して来て下さい

あいたたた・・・完全に寝違えました。首を右後ろにまわせません。さて首が回らないといえば、支払うべきお金を支払えなくて困っている状況を指す意味でも使いますが、昨日の記事で中学校の勉強で覚え切れていないところがある=借金がある、と表現しました。こ…

受かり方の違い

試験ものは、受かる人がやっていることを真似するのが一番ラクで確実な道です。 大学受験なら前の年に同じ高校の先輩のなかでどういう人が受かってどういう人がダメだったのかが参考になりそうですが、「学校の勉強をやっておけば国公立に受かる!」くらいの…

真面目と不真面目の境目

合格のための作戦というのはどのようなものでしょうか? まず、運転免許の試験について思い出してください。多くの人は、教習所に通って最後に各県の試験場でテストを受けて免許を手にしたと思います。あ、いきなり高校生にとってまったくイメージのわかない…

高校2年生はそろそろ

高校2年生は文化祭に体育祭に高校生活をenjoyしている真っ盛りだと思いますが、受験まで残り1年半切ってます。スタートの遅かった私でさえ、この時期から「よっしゃ、そろそろやるで!」となって受験モードに切り替えてます(2週間くらい独学をやったところ…

どこから先を教えないか

昨日、数学の授業を準備していて考えていたんですが、数学をどこまで教えるかというのは教える側の技量が試されることだと思います。授業では別解がある場合には別解をなるべく示して、一つの問題にたいしても様々な見方があることや、数学が一つの体系にな…

塾のカモにならないために

塾をやっていると、言い方は悪いですが「カモ」になるかならないかの境目はどこだろうかと考えることがあります。受験勉強というものが結局はどれだけ自分の頭で考え、暗記に取り組んだかという点につきることを考えれば、その境目は割と簡単に見えてきます…

模試を気にする?

模試結果が悪くて塾を探すという高校生は多く、模試結果が定期考査と比べて悪いとたしかに大学受験はヤバイことには違いないのでそのリアクションは間違いではないんですが、よく考えたら間違いかもしれません。 私は現役時代、模試の結果が悪くて落ち込んだ…

山奥で考える

今日はこんな山奥に行っていました。長野の端っこです。 車で通ると学生をちらほら見るんですが、私がこの山奥に生まれていたら今みたいに自分のやりたいことを突き詰める人生を送れていたかと考えます。私のなかで大学が人生のターニングポイントになってい…

暗記に頭の良さは必要ない

難解な数学の問題が問題集に書いてあったり、クラスで数学や理科の得意な生徒がいるのを見たりすると、理系科目は頭の良さが必要なのではないかという気持ちになるかもしれませんが、大学受験くらいで頭の良さは必要ありません。日本史や古文の助動詞の活用…

飢えてる人だけが学力を上げられます

私は普段から生徒にPUSHで、あれこれやっていこうと教えることはありません。私が思う、成功への道のりをこちらから教えたところで、本人にその気が無ければ成功への道のりどころかただの寄り道くらいにしか思われないものです。 私がどれだけ「参考書をどれ…

自習で何するか決めよう

高校受験の個人塾はコンビニの数ほどありますが、大学受験専門の個人塾はそれよりはだいぶ少なくなります。かといって極端に少ないというわけでもなく、清須市ではうちくらいしかありませんが、名古屋市外だとポツポツと存在します。 個人塾というのは生徒と…

生徒の学力をどう把握するか

塾では授業を教えるとともに、普段の自習内容を個別で考えて指導しています。年に数回面談をするタイミングで微調整したり、生徒が相談に来ればその都度考えます。 といっても高1の前半に入塾の場合は高1から高2の前半くらいまではだいたい皆同じで、数学の…

受験なんて最高ですよ

10代の若者がプライベートを捨てて何かにエネルギーを注ぐ姿は心をうちますね。私みたいな32のオッサンが仕事に全てを捧げても誰も感動しませんからね。 しかし私はそんな心をうつ甲子園をみたみなさんに受験がいかに素晴らしいかを伝えたい。 まず、勉強は…

文法問題対策は後回し

塾の英語の授業ではひたすら英文解釈ばかり教えています。高1のうちは基礎的な文法事項を一通り網羅しながら短めの英文で解釈の練習をして、高2と高3はいきなり入試レベルの英文でのトレーニングをします。 大学受験の英語の問題は英文を読んで設問に答える…

普通のことでも○○することが難しい

第一志望に合格するために、必要な参考書を消化するというのは理論上は誰にでも出来ることです。多少、読み進めるのが難しいところがあっても、何周かしていれば自然と理解できるようになります。 誰でも出来ることで競争するなら、毎年大学の合格最低点は上…

簡単で難しい

どんな生徒でも第一志望に合格するのは簡単なことで、その大学の問題を解くのに必要なレベルに達するために必要な参考書を残り時間で消化するだけのことです。あまりに志望のレベルが高い場合には現役で終わらせようとしたときに一日20時間勉強しなきゃ間に…

ハゲても大丈夫

受験を終えた塾の生徒と、彼ら彼女らが受験を終えた3月に会話すると表情が1ヶ月前よりも3段階くらい明るくてびっくりすることがあります。 その生徒が、いかに受験勉強生活が精神的負担を感じていたのかをその様子から感じ取るのですが、精神的負担というの…