読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月刊木村:清須市で営む塾での日々

相伝学舎という塾を経営しています。好奇心の格差時代に、大学受験を通じた成功体験の場を提供することが使命です。

チラシ発注

私的なこと

昨年7月に打って以来、半年ぶりのチラシ広告の印刷発注が終わりました。

相伝学舎はほぼ100%手作りの塾なんで、チラシも業者に丸投げではなくちゃんとパソコンにイラストレーターを入れて、自分で作って、ネットで印刷屋さんに発注して、塾に届いたら新聞屋さんに頼みに行く、という一連の作業を全部自分でやっています。その気になれば全部広告代理店に丸投げすることも出来るんでしょうけど、スーパーマンになった気分で取り組んでいます。

この作業のなかで一番気が重いのが、ダントツで印刷屋さんへの発注です。注文先の印刷屋さんは昨年から決まっているので選定の苦労はないんですが、パソコンで作ったチラシデータをみて最後にOKを自分で下すのが大変なんです。「これでいいのだろうか。どっか修正したほうがいいのだろうか。」とか考えてたら、余裕で一週間とかたちますからね。最後は「もうこれでいいや!」と投げやりな感じで発注するようにしています。そうじゃないと、いつまでもできないので。

生徒0人からスタートの昨年と違って、最近はお問い合わせも多いし、来年度から入塾することを決めてくれている生徒も数人いるので「もうこのままチラシやらないでいいんじゃねー?」という気持ちになったのですが、チラシでの出会いがあることも確かなので今年もやります。

さて、チラシ関連の仕事は片付いたも同様なのですが、来年度の時間割を決めたり、新中3の指導内容を決めたり、何より確定申告を済ませなければいけません。仕訳はほとんど済んでいて、あとはソフト上で書類を整理するだけなんですが、こちらも「これでいいのだろうか。間違いないだろうか」と考えているといつまでも終わらないのです。

はやくスッキリしたい・・・!

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp