読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月刊木村:清須市で営む塾での日々

相伝学舎という塾を経営しています。好奇心の格差時代に、大学受験を通じた成功体験の場を提供することが使命です。

目標が先

木村の考え

最近入塾してくれた中学生の生徒が

「中間テストの結果は悪くはないが、自分が行きたい高校に入るならもっと点数をあげないといけない」(要約)

とテストの振り返り用紙に記入していました。

一見普通の内容にみえますが私は結構感動しました。自分の実力に志望校を合わせるのではなく、志望校に自分の実力を合わせたいという気持ちを持っていることがわかるからです。

中学生の多くは一学期の成績表の数字をみて、その点数で届きそうな高校を志望するのではないでしょうか。恥ずかしながら私も中学時代はそうでした。

しかし本来は目標が先にあってそれは動かないもので、そのためにどう行動するかというのが少しずつ人生を動かすのだと思います。自分はそうありたいし、そういう生徒には少しでも力になりたいと思います。

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp