読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月刊木村:清須市で営む塾での日々

相伝学舎という塾を経営しています。好奇心の格差時代に、大学受験を通じた成功体験の場を提供することが使命です。

数学受験と地歴受験を考える

高3の文系の生徒から、某大学外国語学部を数学受験にするか歴史で受験するか決めかねていると相談がありました。国立文系志望なので数学も歴史もそれなりに出来るから、決めるのが難しいという話です。

文系=地歴受験、という先入観があるかもしれませんが、受験で大切なのは先入観やしきたりではなく、合格最低点をどう取るかという一点です。というわけで「過去問をそれぞれ解いてみてから決めるべし」と返事したのですが、解いてみたら数学のほうが解けたという話でした。

それで、過去問題を見せてもらったら確かに数学は簡単。センター試験の数学の対策をすれば間に合う内容だったので、負担が増えることもありません。科目ごとの得点調整もないようだったので、数学受験を選んでプラスはあってもマイナスになることはまずないでしょう。

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp