読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月刊木村:清須市で営む塾での日々

相伝学舎という塾を経営しています。好奇心の格差時代に、大学受験を通じた成功体験の場を提供することが使命です。

内職の公認を獲得した生徒

私は基本的に学校での内職を推奨していまして、たまに生徒に内職ライフがどんな様子か聞くことがあります。それで最近「数学の授業で内職を公認でやっています」という生徒がいました。なんと、数学の授業中に数学の内職をすることを認めてくれる先生がいるらしいのです。受験に使わない科目の授業での公認は聞いたことがありますが、使う科目での公認は初めて聞きました。

公認の理由を聞くと「その先生も高校時代に内職で勉強していたからといって、認めてくれました」とのこと。その生徒は名古屋市立の高校に通っていて普段から県立高校との校風の差を感じることがありましたが、県立と市立はやっぱり違うのだなとあらためて感じました。 

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp