読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月刊木村:清須市で営む塾での日々

相伝学舎という塾を経営しています。好奇心の格差時代に、大学受験を通じた成功体験の場を提供することが使命です。

赤本解答の本文訳に納得がいきません

木村の考え

さきほど高3の生徒が「赤本のこの本文訳が納得いきません」といって質問をしにきました。ちょっとこなれた訳だったので、英文の構造と直訳よりの意味をつたえて納得してもらったのですが、赤本を疑う姿勢は良いと思います。

というか、赤本は英語であれば訳に間違いがあったり、数学であればやたら難しい計算をしたりということがたまにあるので疑ったほうが良いです。

市販の参考書(河合塾や駿台などの予備校講師が出しているもの)は、基本的にはそういうミスはないし、洗練された解答のものが多いのですが、赤本は解答を作っているのが実は高校の先生である場合があります。

f:id:sodeng:20161217221333p:plain

赤本HPよりhttps://akahon.net/faq/

もちろんちゃんとした解答のものも多いですが、書店に並んでいる赤本の数をみてもらえばわかるとおり、膨大な量の解答が必要になるので、どうしても質の低い解答が混入してしまうんじゃないかと私は見ています。

 

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp