読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月刊木村:清須市で営む塾での日々

相伝学舎という塾を経営しています。好奇心の格差時代に、大学受験を通じた成功体験の場を提供することが使命です。

601日連続でブログを書き続けるヒマな先生 2

木村の考え

継続は力なりと言いますが、継続は力ですね。続けることって本当に楽しいですよ。

継続すると大きな結果を残せるというのが良いです。ブログでいえば超おもしろい記事を一発書いて、バズって有名になるためには才能とか運とか色々必要だと思うんですが、超面白いことではなくても継続して記事を積み上げていくと、そこそこアクセスが増えてくるわけです。このブログでいうと最近はページ閲覧数で一日1200、一人あたり閲覧ページ数が3くらいなので毎日400人が見ています。600以上の過去の記事がyahooやらgoogleの検索に引っかかって、閲覧数が伸びています。

毎日400人も見ていればそのうち1人や2人は「うわっめっちゃ感動した!勉強がんばろ!」と思う人がいると思うし「やっぱ○○高校を志望するのはやめて××高校にしようかな」と考える人もいるだろうし、もちろん「なんだこの上から目線のクソ塾講師気持ちわるっ氏ねよ。旧帝>>超えられない壁>>早慶だわプギャー低学歴ワロスワロス」と思う人もいることでしょう。

気分を害するよりは役に立てていることが多いことを願いますが、私からしたらどんな感情にせよ人の目にとまっていれば楽しいですね。私の知らない人が、このブログをみて勝手に色々な感情を抱いているわけです。別にそれが良い感情でも悪い感情でも、私の文を読んで反応してくださってありがとうございます、という感じです。

継続すると結果は絶対に出るんですよ。絶対にです。それが面白い。10日とか20日じゃあたいした結果は出ませんが、さすがに600日だと結果が出ます。しかも、それなりに満足のいく結果が出ます。

結果が出るとわかっているから、継続すること自体が面白く感じるんですよね。

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp