読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月刊木村:清須市で営む塾での日々

相伝学舎という塾を経営しています。好奇心の格差時代に、大学受験を通じた成功体験の場を提供することが使命です。

電話番号公開すると営業の電話が多いのです

相伝学舎のこと
さきほど電話番号を公開しました。入塾受付用の新しい電話番号です。今日の午前に電話会社の人に工事してもらいました。塾生のご家庭との連絡用の番号とは別物です。
電話番号を公開すると、営業の電話が増えて対応がとてもめんどくさいんです。コピー機がどうとか、LED照明がどうとか、色々あります。
昨年の夏頃?から電話番号は非公開にしましたが、営業の電話がなくなって大変快適です。入塾したい人が連絡とれないというデメリットもありますが、予約フォームやLINEがあればまあいいかなという感じです。
ブログをみて問い合わせしていただく人はインターネットに慣れている人が多いので、予約フォームをうまいこと使ってもらえます。
ただ問題があって来週折り込みチラシをいれるんですね。昨年の様子だとチラシをみて問い合わせする人というのは、チラシだけみてインターネットで調べないという人も少なくないので、そういう人には電話番号が必要です。しかし、塾というのは3年間累計したらそこそこの金額になる買い物なので、チラシだけみてインターネット調べないというのは、どうなんでしょう?
そんなわけで、3〜4月だけ公開する番号を作ってみました。5月になったら、つながらないように設定します。