読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月刊木村:清須市で営む塾での日々

相伝学舎という塾を経営しています。好奇心の格差時代に、大学受験を通じた成功体験の場を提供することが使命です。

新高1が現行大学入試の最後の学年です

2020年度に大学入試が変わるとか変わらないとかいう話があります。いや、どうやら変わるみたいです。
それで、今年の新高1の学年が現行の大学入試を受験する最後の学年になります。
どのように変わるかはニュースを追っていても迷走していて正直みえてきません。私の予想では、ほとんど変わらない骨抜きみたいな感じで終わるか、変わったとしても高校生がする勉強は大して変わらないと考えてます。
とはいえ、こういうニュースがあると「現役で決めないと、どんなテストを受けさせられるかわからない」という不安から、新高1は全体として勉強熱が高くなることは容易に予想できます。学年全体の学力があがるので、入試の難易度もあがります。
高1からゴリゴリ勉強を進めて学力を高めても偏差値はそこまで上がらず、高1で勉強つまずいたら終了、くらいのイメージを持ってます。結構、シビアです。
公立高校生にとっての大学受験は、ただでさえ中高一貫私立の生徒にボコボコに負かされるというのが実態なのに、さらに向かい風です。
アンラッキーな学年と言わざるを得ない…

しかし私の塾に入れば安心!秘密の超効率的勉強で余裕で合格しましょう!

なわけがなく…アンラッキーな学年ですが、やるべきことをやるだけです。勉強に回り道こそあれ、近道などありません。春期講習受講予定のみなさまは、昨年度対比で1.5倍くらい濃い勉強ができるよう私もいろいろ計画たててますので、一緒に頑張りましょう。数学漬けの日々が待っています。きっと一ヶ月後は、夢の中でも因数分解してますよ!