読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月刊木村:清須市で営む塾での日々

相伝学舎という塾を経営しています。好奇心の格差時代に、大学受験を通じた成功体験の場を提供することが使命です。

どこの大学を目標としたらよいのかわからない

実は私、高1の一番最初は「桜美林大学」というところに行きたいとか思っていました。知ってますか?知らないですよね?私は当時も良く分かっていなかったし、もちろん今でも良く分かりません。なぜその大学がいいなと思ったかというと、大学が色々紹介されたパンフレットに書いてあって、名前がかっこよくて、合格しそうな気がしたからです。

これは十年以上完全に忘れていた記憶だったんですが、昨日新く入った生徒と会話していて、名古屋ナントカ大学という名前を聞いたことのない私大に興味があると言っていて、それはなぜか聞いたところ大学紹介のパンフレットかなんかとみてよさそうだと思ったから、といっていたのを聞いて、思い出しました。

高校入学してすぐって大学の難易度が全然分かりませんよね。みんな名古屋大学を目指すらしいけど、自分でもいけるのだろうか?そもそも無理なら手頃なところを目指そうか?あんまり猛勉強したくないし。

みたいに考えている人も多いのではないでしょうか。

すでに具体的に志望大学・学部が決まっている人には私から口出しすることはありませんが、まだ決まっていない人にはちょうど良い目標をたてる手伝いをしてあげなければいけません。

入試までの残り時間を考えれば、仕上げられる科目数は決まってきます。科目数がきまれば受験できる大学の上限も決まってきます。どちらも上限ギリギリで、できるかできないかでいうと出来ない可能性のほうが高いだろう、くらいの目標をたてたいものです。

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp