月刊木村:清須市で営む塾での日々

相伝学舎という塾を経営しています。好奇心の格差時代に、大学受験を通じた成功体験の場を提供することが使命です。

12歳の中学受験

18歳の大学受験での苦労が人を成長させるなら、12歳の中学受験はどうでしょうか?

いりなかでは今や塾生全員が一貫校の生徒となりましたが、彼ら彼女らをみていると12歳の中学受験もかなり大きなイベントなのだろうと感じます。

公立中学生はとくに中1くらいだと中学生というより小学7年生という印象がありますが、一貫校の中学生は逆に小学生の香りはあまりしなくて、むしろ高校マイナス3年生という印象です。とくに女子は顕著に落ち着きがあります。

きっと学校生活もよい雰囲気なのだと思うと羨ましいです。私の中学時代なんて不良の先輩が火災報知器を毎週のように押して全校生徒がその度に校庭に避難していました。小学校時代は平和だったのに、中学はとにかく居心地が悪かったです。時代もあるんですかね?

話を受験にもどすと、中学受験にせよ大学受験にせよ大きな負荷のかかる環境を乗り越えるというのは人に良い影響を与えると思います。

そこで今年の夏は高校3年生のために猛勉強で苦しくて息が詰まりそうな講習を計画しています。

 

相伝学舎 清須 http://www.sodeng.jp
reasn いりなか・八事 http://www.reasn.jp
短期集中 英語教室 TSE http://www.tsem.jp