月刊木村:清須市で営む塾での日々

相伝学舎という塾を経営しています。好奇心の格差時代に、大学受験を通じた成功体験の場を提供することが使命です。

この先輩は見習えないわ

一つの参考書を繰り返しなんども取り組んで学力を上げる、というお手本ケースが昨日の金城の生徒でみなさんぜひ真似して後に続いてほしいんですが、こりゃ真似できないわという生徒もいます。

今年の3月に

 西春→名古屋大経済

へ合格した生徒と、昨年の3月に

 西春→名古屋大経済

へ合格した生徒です。

なんでまねできないかというと、この二人の生徒はウサギタイプでした。

前述の金城の生徒も私もそうなんですが同じ参考書を毎日毎週繰り返してチリツモで学力を獲得していくのは「性格」で学力を得るタイプ。一方で、この二人の西春の生徒はどちらかというと勉強にたいする能力が高く(理解するスピードが速く暗記が得意)、あんまり詳しく聞いてはいませんが塾の勉強だけでなく学校の勉強も消化していたようです。

普通、管理系の高校の大量のtodoは消化することだけに終わってしまってたいして学力がつかずに受験を迎えがちです。同じ数学の問題でも10種類の異なる問題を1回とくのと、2種類の問題を5回とくのでは後者のほうが学力が高まることから明らかです。

でもなかには、そういう非効率的で無計画な大量演習でもなんとか学力をつけることができる生徒というのがいます。私が1500ccくらいで常に6000回転くらいで走る小型車とすれば、彼ら彼女らは5000ccくらいの排気量のでかいエンジンを積んで一気に加速してすっ飛んでいく高級車タイプです。

当塾にくる高級車タイプの生徒はいいエンジン積んでいるのにギアがあっていなくて加速できていないことで自分が高級車と気づいていないので、1速→2速→3速とあげていくような勉強のやり方をおしえます。

「スポーツでは体格差で有利不利が生じるが勉強は誰に対しても公平」

みたいなことは信じたいところですが、残念ながら高校生時点にもなると体格差があります。塾で何十人も見ているとそれは認めざるを得ない事実です。

まあでも世の中完全に公平なものなんてなくて、その中では勉強は割とマシなほうなんでくじけずに頑張りましょう。

大学受験 相伝学舎 (清須校舎、桜山校舎)
http://www.sodeng.jp

この先輩を見習え

実際にチャート5回やるとたいていの高校では数学で上位1割以内に入ります。高2から入塾して数学をやり直す場合には借金を返す時期があるのでそう簡単に上位にはいけませんが、高3の最後のほうには同級生をごぼう抜きできます。

その例が、ちょうど今日の「よく読まれている記事」に浮上していた

2021年体験記【明治大学農学部】(金城学院中高卒) - 月刊木村:清須市で営む塾での日々

この金城の生徒です。

昨年、ずっと自習室にいた生徒の一人なので清須校舎の生徒はどの人か想像つくかもしれません。

チャート5回やってたか聞いたわけではありませんが、「授業の前日までに自分が分からないところを明確にしています」と言っていたので相当量勉強していたことは確かでしょう。いちいち勉強量なんて聞かなくても、授業で答案添削していればだいたい伝わってきます。

英語も毎回の授業で教えたことは翌週までにちゃんと頭にたたき込んでいて、塾で勉強を教える身として冥利に尽きる、そういう感覚を与えてくれる生徒でした。

生徒諸君はこういうスゴイ先輩がいた塾で勉強しているのだと思って、勉強に取り組んでみては?

 

f:id:sodeng:20210512222001p:plain

 

大学受験 相伝学舎 (清須校舎、桜山校舎)
http://www.sodeng.jp

信じよ

塾に入ると、私からチャートを5回やれだの、学校の授業なんて聞いてもしかたないだろうだの、色々とうるさいことを言われます。これらは今までの塾生たちのやり方とは異なるので言い換えれば生徒のやり方を否定している、生徒からみたら先生に否定されているということになります。

普通、人は否定されたくありません。どちらかというと肯定されたい、褒められたい生き物です。でも「そうだね、学校の勉強も頑張って塾の勉強もやろうね」と肯定してもその先に合格がないのだから、多少うるせえなと思われても本当のことをいうタイミングはどこかできます。

その時に「否定された」と拒絶反応が起こってしまう人と、とくにそのように感じずに「そんなもんなんだろうな」と受け入れる人がおそらくいます。後者の人はよく「素直だ」と表現されます。

チャートを5回やれといわれて「そんくらいやらないとダメなんだろうな」と思ってとりあえずやってみるという姿勢を是非もってください。そうやって今の自分ではない自分へと成長していくことで、学力が成長していきます。

だいたい私みたいに現役で慶應に合格して35歳になって名大に合格して、教え子もそれなりの割合で希望の大学に合格している人物のいうことを聞いておかないで他にどこに信用に値する人がいるのか?まったく考えられませんね。

 

大学受験 相伝学舎 (清須校舎、桜山校舎)
http://www.sodeng.jp

チャートは5回解け

先日、塾内模試を実施したのですが数学が定着していない人が多かったので、久々に本当のことを言っておきます。

これ言うとみんな引くんじゃないかと思って最近は発言を控えていたんですが・・・。

 

チャートは5回解け!

 

ということで、青チャートは5回繰り返しといてください。1回や2回じゃ定着しません。3-4回で定着してしまう優秀な人もいますが、普通の人は5回です。

5回くらい解くと4回目くらいで解法を暗記できて、5回目で問題の意味がわかってきます。

解く回数を重ねると問題にたいする意識が変わってきます。

そういう意識の変化を感じる手前で終わってしまう勉強は大学受験では使い物になりません。

 

5回やってる暇ないよ、という人は内職が足りません。

高校の授業なんて基本的に全部ウンコで聞く価値があるものはほとんどありません。内職してください。内職していると先生に青チャートを取り上げられるんですが最近はそういう話も聞きません。青チャートを取り上げられるまでは受験生と言えません。青チャートを取り上げられて、全校集会でイヤミを言われてやっと一人前です。

でも勘違いしないでほしいんですが内職するのは目的ではなくてあくまで手段です。

「俺内職して怒られてるぜ」という中二病は不要です。

自分が数学を身につけるためには、そのくらいしないとダメだよなということを気づいていないといけません。

当然、放課後の補習なんて出席している場合じゃないので、ホームルームが終わったら塾の自習室に直行してください。だいたい16時台には塾につくはずです。そこから22時まで8時間自習できます。

同級生は?

19時に帰宅してからの3時間です。1日あたり5時間も差をつけられます。内職の時間を含めたらもっと多いでしょう。

現在E判定とかD判定くらいの大学に合格したかったら、このくらい魂を売ってください。

世の中には大学受験のために高校生らしい生活を捨てて勉強に力を注いでいる人なんていくらでもいるんです。

テスト前にちょっと勉強して、宿題と補習に参加して勉強した気になっているなんて甘過ぎです。

 

大学受験 相伝学舎 (清須校舎、桜山校舎)
http://www.sodeng.jp