月刊木村:清須市で営む塾での日々

相伝学舎という塾を経営しています。好奇心の格差時代に、大学受験を通じた成功体験の場を提供することが使命です。

木村反省

2日前に少し思い切ったことを書いてみましたが、ゴルゴ13を愛してやまない私は常々自分を客観的に見たいと思っていまして、「ああ書いてみたものの、私の言い分って実際どうなんだろう」とその後考えていました。

私のなかで、

①一宮高校レベルの生徒は将来問題意識を実際に行動に移せる人間として活躍すべき
②問題意識を行動に移せる、言い換えると主体的な人間は、ケツを叩くより放置することで育つ

という2点から、「面倒見の良い」というのは実際のところただのスポイルである、という結論に至っています(一宮高校レベルに限った話ではありませんが)。

しかし、「うん、そうだよね、そういうやつは放置すれば勝手に動くしね」と同意してくれる人よりも「はぁ?放置して3%の確率で東大に行くか97%の確率で名大すらいけないかの選択するよりも、ケツ叩いて50%の確率で名大に行けた方がありがたいだろうがやぁ?!」と思う人のほうが多いだろうし「人物はどうであれコッコウリツに行けば将来安泰だがや!?」と思っているんだろうなあというのは、なんとなく察しております。

私なんかは、成熟しないまま大学にいってもそこでたいした学びがなく、成熟しないまま就職活動してもダメだろうと思ってしまうのですが、コッコウリツを崇拝する人が愛知県内でマジョリティであるなら、「人物がどうであれコッコウリツ出身のA君を採用しよう*」と人事部長がハンコを押すのも想像に難くありませんから、「成長とか成熟とかどうでもいいから、レベルがどんなに低くてもいいから、コッコウリツに行っておこう」という判断のほうが合理的な一面もあるのかもしれません。ていうか、たぶん、そう。(実際に*のような発言をしている人がいるんですよ、と、ある生徒のお父様が以前教えてくださった。)

需要と供給が一致しているのだから非難される筋合いはないし、なんなら需要に合わせない私はかなりのビジネス機会を取りこぼしていることになります。

縁あってこのblogにたどり着いてくれる毎日数百人の人の大多数95%くらいにとっては、参考にならないどころか読んでいて気分が悪いだろうし参考にしてしまったら生きづらくなってしまうようなことを書いていることになるのですが、それでも空気を読まず書き続けたいと思います。

毒にも薬にもならない存在にはなりたくありませんから。

というわけで木村反省してません!バカにつける薬無し?!

f:id:sodeng:20170723160118p:plain

 

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp

水いっぱい飲んでくれ

経済学部卒らしく(?)あらゆる問題は、個人の意識に頼るのでは無く、仕組み(システム)をうまく作ってやることで解決されると考えているので、水が150リットルも廊下に山積みになっている問題の解決策を仕組みで考えました。

その解決策はこちら

f:id:sodeng:20170722202350j:plain

ドドン

一回りおおきな紙コップ〜

普段、ウォーターサーバーに設置している紙コップは150mlのもので、よく高速道路のSAに置いてあるやつと同じサイズだったのですが、1.4倍の210mlサイズに変更しました。1個3円→5円と少しコストがかかるんですが、誤差の範囲です。

こうすることによって、生徒達は無意識にたくさんの水を飲み、廊下の水が減っていくというわけです。

水の減りが速くなったのは確かですが、問題は、それが紙コップの変更によるものなのか、暑さによるものなのか、夏休みの自習室利用増によるものなのか、わからないことです。

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp

謎の面談(教師&親)

久々の高校不思議シリーズ。今日の話題は塾を開いた当初からずっと思っていたし、なんならblogでも何回か書いてるかもしれませんが・・・

普通、学校での面談といえば教師-生徒の1対1、というのが常識の範囲内ですがここは愛知県。教師-親の1対1という、謎の面談が普通に行われています。

ツッコむひといないんでしょうか?教師と親が面談して、何の意味があるのか?

これが二番手校の話ならまだしも、地域トップの高校でも平然と実施されているのがおそろしいところです。100人に1人の学力をもった生徒を教えているという矜持はないんでしょうか。

一宮高校に入るような生徒は学力が高く勉強量も豊富。中学時代だって、誰かにケツを叩かれたわけでもなく、自ら勉強に励んでいた生徒の割合が多いことでしょう。そういう生徒の絶対数は全国的にみてもそんなに多いわけではないので、高校時代・大学時代とも誰に管理されるわけではなく、自分で自分を管理してさらに自立した人間になって、10年後20年後に社会を少しでも押し広げていく役割を担うべき貴重な存在なのに、地域の教育の実態としたらその逆。みんなが「コッコウリツ」大好きだから、こんなことになる。

まあ、そういうへんてこな環境であっても開花する人間は開花するし、しない人間はしないといえばそれまでなのかもしれませんが。

保護者のみなさん。高校がすごいから受かるんじゃなくて、高校に入学する生徒がすごいから大学に受かるんです。みなさんが「先生、うちの子はコッコウリツに行けるんざますか?」という顔色で学校と接するのが、教育とはほど遠い空気を作っているんざますよ。おかしい、めんどくさいと思ったらちゃんと放棄しないといけません。

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp

私の愛用ボールペン 2

赤と青はハイテックCコレトで決まりですが、一方で黒はジェットストリームに限ります。一時期、いくつかあるジェットストリームのなかで最も書きやすいものは何だろうかと思って比較していました。

f:id:sodeng:20170113220859j:plain

比べていたのはこの4本。実は、ジェットストリームの芯は3種類あります。

f:id:sodeng:20170113220850j:image

↑これは一番普通の芯。どこのボールペンもこんな形です。

f:id:sodeng:20170113220823j:imagef:id:sodeng:20170113220842j:image

次にちょっと先が違うやつ。

f:id:sodeng:20170113220837j:plain

使い切ったところで拡大すると、中にボールが入っているのが見えます。

f:id:sodeng:20170113220816j:plain

最後に、いかにも高そうなやつ。替え芯は確かこれが一番高い。

 

で、3つとも比較した結果、一番良かったのはこれ。

f:id:sodeng:20170113220808j:image

SXR-7という、2番目に紹介した芯。これがジェットストリームのなかでも一番書き味が良かったです。1年前くらいに買って、数学の計算はずっとこれを使ってます。私は高校時代から消しゴムを使わない派なので、実はシャーペンよりボールペンのほうがいいんですよね。間違えたら?シャッシャッと斜線引いて終わりです。消しゴム使うなんて時間の無駄ですよ。ゴミも出るし。

 

握った感じはアルファゲルというのが一番良かったです。ジェットストリームって「プライム」という名前がついているもの(↑の写真の黒いやつがそう)が高級ラインらしいんですが、重心が高くて長時間の使用には耐えません。自転車の後ろのかごに重いものを詰め込んだ感じ。グラングランしちゃってひたすら疲れます。 しかも、高い。

三菱鉛筆 油性ボールペン ジェットストリームアルファゲル 0.7 SXN1000071P24 ブラック

三菱鉛筆 油性ボールペン ジェットストリームアルファゲル 0.7 SXN1000071P24 ブラック

 

 これは単色で8-900円と安くはありませんが、一番気に入ってます。

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp

私の愛用ボールペン 1

先日買ったハイテックCコレトというボールペンが良くて、インクがなくなったので買ってきました。たくさんのカラーバリエーションのなかから、好きな色を選んで自分のボールペンを作るというやつです。文具屋さんで見たときちょっとした感動があったんですが、この手のボールペンは色々なメーカーが出しているので、今の高校生にとっては「おっさん、いちいち感動してんじゃねーよ」くらいに思えるのかも・・・

ハイテックは発色が良くて、高校時代から好きで使っているんです。とくに英語を勉強するときには良いですね。

このハイテックCコレトは、従来のハイテックCに比べてインクがよく出るんですよ。従来モデルは0.4mmモデルだとインクが出なくなることが結構あって、そのたびに紙に二重丸をぐしゃぐしゃと書かなければいけなくて、ストレスがありました。0.3mmだとそれがさらに多くなるので使い物にならない。逆に0.5mmだとインクの詰まりはなくなるんですが、文字が太すぎるんです。

それが、このハイテックCコレトにしてからは0.4mmモデルでも詰まりがゼロ。ひたすらインクが出続ける。インクが良く出るので、書き味もサラサラしています。

f:id:sodeng:20170719151023j:plain

2色用本体に赤と青だけいれて使ってます。

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp

本末転倒

考えてみればエアコンを使うと電気代がかかるというのは当然の話で、電気代を気にするなら扇風機で我慢すればという話になります。エアコンを使って電気代を気にするのは、スポーツカーにのっていながら燃費を気にするのと似ています。

勉強でいうとノート代を気にして、文字を小さく書くとか。ノートなんて年間で100冊余分に使っても1万円しか増えないですから。それで学力がつけば1万円なんて安いものです。

安物買いの銭失いという言葉の真意は、目線が低すぎるということなんでしょう。

私たちは電気代を節約するために生きているのではないし、ノート代を節約するためでもない。気持ちよく過ごしたいからエアコンを使うのだし、学力をつけたいからノートを使って勉強をするわけです。

自分が何をしたいのか、そのために何をすることが結果につながるのか、こういうことを考えている受験生なんて全然いないですからね〜。

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp