月刊木村:清須市で営む塾での日々

相伝学舎という塾を経営しています。好奇心の格差時代に、大学受験を通じた成功体験の場を提供することが使命です。

面白さを見つけよ

合宿に初参加した生徒が「今までは受験嫌だなって思ってたけど、(いい機会だと捉えて)もっと前向きにやっていこうと思った」と言っていましたが、これって結構大事なことだと思います。

高校生までだと、まだ勉強というのは「やらされるもの」だと教育されてきた人も多いでしょうし、というかそういう認識をしている人のほうが多数派じゃないでしょうか。まあ大して面白くも無い中学校の教科書を題材に、高得点をとるために教科書の隅々までひたすら暗記するということを、自分の興味のためではなく内申点のために取り組むのなんて苦行以外の何者でもないし、愛知県の中学生といえば学校からも塾からも宿題がいっぱいで自分から能動的に取り組める余地などなく、勉強が楽しいはずがありません。

高校受験程度の難易度のテストであれば、苦行を耐えるようにしてなんとか8割得点できるようになるのかもしれませんが、大学受験となるとそういう認識では偏差値50以下くらいのレベルの低い大学の問題くらいしか解けないでしょう。

問題を理解する過程で知的欲求が満たされていくことに面白みを感じられないと、難関大の問題を解けるようになるとは到底思えません。

では、今勉強に面白みを感じていない人がどうやったら面白みを感じられるようになるのかというと、まずは1-2ヶ月思いっきり何かを暗記しまくることです。その間ははっきりいって、つまらないです。でも一通り覚えるべきことを覚えたら解ける問題が多くなりますから、こないだまで解けなかった問題が解けるようになった、まずはそういう感動を味わいましょう。

ある程度問題に手をつけられるようになったら、今度は「参考書にはSVOCが当たり前のように説明されているが、なぜこのようにS,V,O,Cを判断できるのだろうか?」とか「チャートの解き方とは別のやり方でも同じこたえにたどり着いたが、なぜだろうか?」といった疑問を逃がさずに追い求めてみることです。

参考書には書いていないことを自分で考えて理解すると少なからず感動を得られますから、知的欲求を満たすことが面白いことだと分かるでしょう。

 

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp

塾の赤本 2

赤本だけじゃなくて、入試問題50年という聖文新社のシリーズものもいくつかあります。これは数学だけ50年分載っているので、だいたいの傾向を見るのに使えます。

 

f:id:sodeng:20180814092244j:image

 

 

鉄緑会の東大数学問題集はほんとスゴいです。他のどんな過去問系の本よりも解説が詳しい。「これが書けたら○点」とか書いてます。というか、こんなの売ってしまっていいのか?鉄緑会にどんなメリットがあるのか?といつも思います。だって、超有名塾だから本を売って知名度を上げるとか必要ないでしょ。

 

f:id:sodeng:20180814092249j:image

 

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp

塾の赤本 1

大学受験といえば赤本です。うちの塾も、結構な数の赤本がありますが、学校とか予備校と違って、北から南、全ての大学を取りそろえているということはありません。むしろ、無い大学のほうが多いです。

では、どういう観点でそろえているのかというと、「生徒が志望した大学を過去10年分くらい」を目安に買い集めています。「塾の赤本が少ない!」という不満はでてこないどころか、「塾に古い赤本があって助かった・・・」という状況のほうが多いと思います。

 

f:id:sodeng:20180813220809j:image

こちらは青学。

 

f:id:sodeng:20180813220813j:image

鳥取大、農工大・・・

 

意外と南山が少ないと気づいたので、ここ数日でそろえました。

f:id:sodeng:20180813220817j:image

amazonと、日本全国でせどりをやっている人には本当に感謝です。せどりをやる人がいるおかげで、私が苦労して古本屋を回らなくても古い赤本が手に入ってしまいます。多少プレミア価格がついていることもありますが、塾として買うのに1000円も3000円もたいして変わりません。参考書とか赤本は値段を気にせずジャンジャン買ってます。毎年、何十万円単位でお金を使ってます。勉強に関することは、ケチるべきではないので。

 

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp

合宿終わり

12時間×5日間の日帰り合宿が終わりました。

日帰りなのであんまり合宿感はないんですが、生徒達が置き勉していくので、その光景だけみると合宿感ありますね。

f:id:sodeng:20180812184453j:image

f:id:sodeng:20180812184457j:image

 終了後のインタビュー

「普段と密度が全然違った。みんな黙々とやっているからプレッシャーを感じた。大学受験をもっと前向きにとらえていこうと思った」←ナイスコメント。

「初日、二日目はやる気に満ちあふれていたがその後はやる気が徐々に下がっていった。忘却曲線と同じだから、思い出すようにしないといけない」←やる気の忘却曲線という発想は天才

「太る・・・」←学力と一緒に体重もつけてしまったか

「12時間×5日はキツイかなと思っていたが、やってみたら案外普通だった」←でしょ!

 

 

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp

人気ココア

合宿期間中にいつもこのココアを用意しているんですが、とても人気です。

1本400円もするので、そりゃうまいか。

ここ数日、ピアゴで買い占めているのは私です。 

f:id:sodeng:20180811194709j:image

 

今日からお盆時期に突入したらしく、どこに買い出しにいっても混んでますね。

合宿はお盆とは微妙に時期がずれてます。合宿が夏休みのちょうど真ん中に来るようにしているからですね。

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp

受験モードに切り替える方法

やる気というのは他人があたえてくれるものではなく、自分で獲得しないといけないものです。脳の側坐核という部分がやる気なるものを生み出す仕事をするらしいんですが、側坐核を刺激する方法は「やること」だそうです。

とにかくやれということです。最近、早起きしていて思うんですが(といっても8時起きです。塾講師の朝は11時〜12時を指しますので8時は早朝です)、眠気を吹っ飛ばして朝から活動するにはまず起きるしかない。やる気が無いなか、やる気を出して活動するにはまずやるしかない、というのはそういうことなんでしょう。

思い立ったら即行動です。私は「あ、これ面白そう」と思ったら自分の行動できる最短の時間で、取りかかるようにしています。そうすると、やる気がどんどん上がっていきます。楽しいと感じているうちに行動するので当たり前ですが。

これが、少しでも先延ばしにしてしまうと、「面白そう」と思った気持ちがどんどん消えていってしまいます。

高校時代に「よっしゃ、受験勉強やろ!」と思った私は、すぐに2ちゃんねるの受験板で色々調べ物をして網羅系の問題集を一冊買いました。それを1週間取り組んだあと「これじゃダメだ」と判断して、高1のときの先生に相談にいきました。その先生が教えてくれた塾に、友達経由でアポをとって翌週には訪問しています。行く前から入ることは決めていました。

塾をやっていると、高1でも高2でも高3でも親経由で予約をいれてくる高校生が多いですが、高校生にもなってそれは甘えすぎじゃないでしょうか。自分で行動しましょう。

親にいちいち「予約とっといて」と言って調整してもらっているその間にも、自分のやる気はどんどん減衰しています。

思いついたら「すぐに」「自分で」行動することです。別にうちの塾じゃなくても河合塾とか駿台でいいんで、自分で電話して、自分の足で訪問して、頭にどんどん刺激をいれましょう。それでそのまま入試当日まで頑張れ。

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp