月刊木村:清須市で営む塾での日々

相伝学舎という塾を経営しています。好奇心の格差時代に、大学受験を通じた成功体験の場を提供することが使命です。

心の平穏たもちたい

私は飽き性なところがあって、同じことをくり返していると新しいことをどんどんやってみたくなっちゃうんですよ。塾を開いてから3年たってますが、毎年何らか新しいことを挑戦してやっています。

それで今も、新しくやってみたい案件がいくつかあって色々考えているんですが、ビジネスとして新しいことをやろうとすると、連立10元一次方程式を解くような感じで、なかなか解が出てこないんです。計算途中で難しくなって止まっちゃうというか・・・。

そうするとどうなるかというと、そわそわしだしちゃうんです。そわそわすると、勉強に力が入らなくなってしまう。毎日やろうと決めている自分の課題が、停滞気味です。

心を平穏に保つというのが、毎日パフォーマンスを出し続ける条件ですね。

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp

高1で入塾を検討中のかた

塾では二週間後に二次関数の分野に取りかかります。この分野は超大事であると同時に難しいので、ヘボ高校の生徒でも、レベルの高い進学校の生徒でも、二次関数は勉強のやり方が下手だとここでコケます。

毎年必ず、「夏休み前後で二次関数死亡→9月頃の模試で数学死亡→塾に相談へ・・・」という生徒がいます。それはそれでなんとかしますが、虫歯になってからちゃんと歯を磨いておけばよかったと思うのと同じように、数学が出来なくなる前にちゃんと勉強のやり方を教わっておけば良かった・・・と思うくらいなら、最初からやっておきましょう。

逆に、二次関数をしっかりやっておくと、9月以降の模試で一気に偏差値upできます。みんなが死亡しているなか得意にするのだから、当然です。

これからみなさんが受験するだろう7月の模試は、まだ中学校の数学の延長線上なので、たくさん勉強しても思ったより結果出ないと思います。スタート直後のマラソンみたいな感じで。でも、9月以降の模試は二次関数が出題されるので、そこから「中学生の数学から成長していない人」と「高校の数学に切り替えていけた人」の差が出てきます。

しかも、二次関数で身につける解法は数II以降のほとんどの分野で登場するので、数II以降ほんとにラクになります。たぶん、高校生が難しいと感じる分野は二次関数が一番では?ここさえクリア出来れば、その先でつまづくのはよっぽどありません。

ということで、入塾を考えている人は二次関数が始まる前に来るのがおすすめです。

 

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp

英語はこうやって教えています 3

so that, such thatについて理解を深めてみましょう。

たとえばこんな例文があります。

 

What does a man do when such things happen?

 

このsuchはsuch thatの構文ではありませんが、suchは「そんなに」が基本ですから、suchの示す程度はどこにあるかというのを生徒に考えてもらうことになります。この例文でいえば、この文より以前のセンテンスに「そんなこと」が示されています。

次に、公式通りの例文でいうと

 

They have a special claw that is shut with such speed that it creates a bubble with extremely low pressure. (熊本大)

 

というものがあります。公式通りに訳せばOKです。でも、such thatやso thatが公式通りに登場するシーンって入試英文を読んでいるとそんなに多くないですよ。soは「だから」という意味で使われることが多いし、suchは圧倒的にsuch as「〜のような」です。

so that構文が使われるときは公式から変形していることが多いんです。

 

So lucky are we that we can easily come to believe that.... (東北大)

 

これくらいなら、「私たちはあまりに幸運なので・・・」と読めるかもしれませんが、

 

So much of the earth itself remained unexplored, that these creatures would be found in...(お茶の水女子大)

 

のthatを解釈できますか?まあ、この流れで見せられたらso that構文じゃんって見抜けるかもしれませんが、長文のなかでぱっとこれを見せられたら

「このthatは何だろうか?関係代名詞でも同格の接続詞でもないし・・・あ、文頭のSoの程度が本文以前に示されていないから、soの程度を示すthatのことか」

という風に英文法を使うことによって、so thatを見抜けるわけです。

soやsuchというのは「そんなに」が基本ですから。「そんなに」の程度は、前になければ後ろにあると考えるのです。この思考回路が備わっていれば、次の英文も読めるはず。

 

He who has so little knowledge of human nature, as to seek happiness by changing anything but his own dispositions, will waste his life in fruitless efforts,...(北九州市立大)

 

「as to-ってどういう構文だっけ・・・so little knowledge『そんなにわずかしか知識を持たない』のsoの程度がまだ示されていないから、as to-がその程度を示す用法なのかな?『自分の性格をかえること以外ならどんなことでもして幸せを探し求めようとするほど、人間の性質についてちっとも知識を持たない人間は・・・』で良さそうだ」

 

so thatやsuch thatの本質は、soやsuchが「そんなに」という意味である、ということが分かって頂けましたか?文法の問題集にのっている英文法をどれだけ暗記しても、読解力がつくわけがないというのも、イメージできると思います。

たしかに英文法は大事ですが、覚えた英文法を長文読解の時に活かすためには、それ専門の勉強をしなくてはいけません。全統の偏差値55前後でうろうろする人というのは、文法はだいたい覚えたけど、その活かし方を勉強していないのが伸び悩みの原因です。

 

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp

英語はこうやって教えています 2

英文法を活かした読解の勉強というのは予備校では当然のように一つの授業になっていますが、高校では存在しません。せいぜい、教科書の英文の訳が与えられる程度だし、4択の文法問題を習う程度です。

 

たとえば、so...that...やsuch...that...を文法止まりの勉強をするとこんな感じです。

She talks so fast that we cannot take notes.

We walked such a long way that we were tired.

so+形容詞+that(S+V)で「あまりに形容詞なので(S+V)なほどだ」such thatの場合には、such+a+形容詞+名詞の語順で、suchが冠詞の外から形容詞にかかる。

形容詞の部分が抜けたsuch thatという構文もある。

Her shock was such that she nearly fainted.

問題演習

It was (      ) a narrow road that it was difficult for us to pass each.

①so ②too ③on ④such

カッコの後ろはa+形容詞+名詞+that節なので、④のsuchを入れる。

 

これを積み重ねていけば英文を読む力がいつかは伸びるはずと思っていませんか?伸びませんよ。

such thatやso thatの解釈のポイントは、soやsuchが「そんなに」という意味を持つところにあるんです。構文の形はそこまで重要ではありません。

つまり、「文中でsoやsuchを見かけたら、そのsoやsuchの示す程度がどこにあるのか考えろ!」というのが文法の活かし方です。

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp

英語はこうやって教えています 1

英語の勉強というと、「単語やって文法覚えて、長文問題」という認識をしている人が、中学生の場合はほとんどだろうし、高校生でも8割くらい占めていると思います。学校の文法の授業で、かっこに当てはまるものを4つの選択肢から選ぶ問題をひたすら解いていて、その正答率が上がれば読解もできるだろうと予想している人も多いでしょう。

でもそれだと大して得点できるようになりません。大学入試の英語の問題は、600語くらいの英文を読んで、内容が一致する選択肢を選ぶとか、下線部を和訳する問題が多いからです。逆に、4択の文法問題はレベルの高い大学ほど出ません。センターでも文法問題は全体の2割です。

現役高校生の場合、とにかく時間がたりないので、私の英語の指導の根幹というのは「英文を、文法を使って、正しく理解することができるようになる」に絞ってやっています。これが出来るようになれば、英文全体の9割は正確に読めるようになり、国語力の問題で不正解になることを加味しても9割が解けて、正答率は0.9×0.9=81%になる、みたいな計算でやっています。

文法を使う、というのが大事なところで、多くの高校生は文法そのものが大事だと勘違いしています。でも文法というのはあくまで道具であって、それを使いこなせなければ意味がありません。

包丁と、まな板と、フライパンと、調味料と、食材を用意することは「準備」です。文法を暗記するというのは、調理道具と食材を準備することと同じ。では、実際に英文を読めるようになる、つまり、調理道具と食材をつかって料理をつくるにはどうしたらよいでしょうか?

ここにギャップがあります。「単語を覚えて、英文法を覚えて、長文問題」という人は、「調理道具と食材をそろえて、とりあえず全部フライパンにぶっ込んだ」くらいのギャップを抱えていることを認識してください。

どの食材を、どういう順番で、どのように調理していくか。

つまり、英文法を用いて、どうやって与えられた長文を読み解いていくか。

これを考えないといけません。

 

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp

自習室の机に仕切りを入れてみました

自習室の机は幅180cmのものを置いているんですが、これってプライベート感がないので仕切りを置いてみたいなとは前から思っていたんですよ。

でもこの仕切りというのが、なかなかいいやつが売ってないんです。それでしばらく放置気味だったんですが、先日いきつけのオフィス家具屋さんで私のイメージぴったりのものが売っていたんで買ってみました。

 

f:id:sodeng:20180611211538j:image

 

どうでしょうか?

 

f:id:sodeng:20180611211543j:image

席からみるとこんな感じです。ちょっとだけプライベート感出ました。

 

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp