月刊木村:清須市で営む塾での日々

相伝学舎という塾を経営しています。好奇心の格差時代に、大学受験を通じた成功体験の場を提供することが使命です。

五条高校の生徒が3年間しっかり勉強して国立大学医学部に現役合格した話 9

ここでまたひとつ、五条高校生、いや、愛知県の高校生には他の難関大学受験生と比較して圧倒的な不利が待ち構えています。それは「自由登校がない!」です。

進学校だとセンター試験終了後から卒業式まで自由登校といって、学校にこないことが黙認されるところが多いです。二次試験というのは各大学傾向がバラバラなので、一斉授業をするよりも生徒が赤本と向き合って対策をするほうが効率的だという考えがあるのでしょう。3学期全てを自由登校とするところもあるし、そういう高校生もいます。

現役の生徒はこの時期にどれだけ伸ばせるかが合否に関わってきます。それなのに、ひたすら生徒を学校に登校させるのが五条高校をはじめとして尾張の高校の常識になっています。管理され続けた生徒は最後まで管理しきらないとダメなのは分かりますが、Kさんのようにモチベーションが高くて頭が良くてストイックな生徒まで強制にしないでいただきたいです。

ここでも色々あったのですが詳細は省略して、Kさんは毎朝9時に塾にきて23時に帰っていくという生活を二次試験前日まで続けました。つねに自習室左奥の机に朝から晩まで座っていたので、高2以下の生徒には相当印象的に見えていたようです。

この時期になると私ができることはほとんどないので、帰り際に「今日過去問解いた?どうだった?」くらいの雑談をするくらいでした。本当は「俺が二次対策を個別に教えてやって合格点まで育てた」とか言いたいんですが、残念ながらないですね。うちの塾は、レベルの高い生徒ほど放置するのがウリですから。

しかし、自分で勝手に全力疾走できるタイプの人間が医学部に受かったことで、確実にこの世の中は少し良くなった(良くなる)と、今あらためて思いますよ。医学部行きたい人のなかにはお金にものを言わせて自走できない分とか能力のなさをカバーする人も相当するいると思うのです。一方、田舎の中堅公立高校でしかも管理教育という、環境が超不利な状況であっても、自分の内部にあるエンジンで邁進してそれを乗り越えていけるなんて、この先医療の道で何かあっても自分で進んでいきそうだという未来が見えるじゃないですか。

自分で走れないやつを追い抜いておまえが受かる価値があるのだし、うちの塾に来たというのはそういう人間になるというおまえの運命なのだよ、だから、受かるよ。と、1月頃に太鼓を叩いてやりましたよ。でも本当に、そうやって運命をしょってるように見える生徒も、いるんです。

五条高校の生徒が3年間しっかり勉強して国立大学医学部に現役合格した話 8

高3の部活引退以降、Kさんは平日16時台から自習室にきて自習室の終わる22時まで自習を続けていました。自習が勉強の中心である、というのは受験に成功する人にとっては普通のことですが、地方の公立高校生にとってはピンとこないことかもしれません。というか、学校の宿題をやり終えてしまったら何をしたらいいかわからない人も多いのではないでしょうか。

この後はあまりアドバイスをすることはなく、夏休みころに、二次試験の過去問題を一回は解いておくように伝えたくらいです。高3の夏休みくらいだと、まだまだ国立二次試験は満足に解答できませんが、だいたいの距離感や出題傾向をつかんでおく必要はあります。距離感がわかれば、各科目においてどれだけ頑張らなければいけないのか目安がつきます。高校では、最終的に出願する大学がとんでもない僻地大学に変わることを知ってか知らずか、二次対策が強調されることはないように思います。

Kさんが当初志望していたのは浜松医科大学ではなく名古屋市立大学だったのですが、高3の秋の時点で志望者順位はどの模試でも志望者順位が上位20〜30%の位置につくようになっていました。学校内順位でいうと、総合で10〜20位です。ここまでくれば、あとは現役の最後の伸びを期待するのと、志望校対策の作戦をよく練ることで合格圏内に十分届いてきます。ちなみに、上位20%に位置しても判定はたいていE判定です。

現役での大学受験というのは、どれだけE判定が続いても「合格する」と思い込んで勉強を続けることが大事です。高3の最初のうちは、A・B判定は絶対に出ません。直前まで入試レベルの学習をやっていた浪人生と、模試の問題で争って勝てるわけがないからです。高3の最初のうちは厳しい判定がつづいても、秋以降にD判定以上が一度でも出れば十分です。最後の模試が終わったあと、2月下旬の国立大学前期入試まで2ヶ月以上あります。この2ヶ月で現役生は最後の急成長をして、勝負に挑んでいきます。

12月近くになるとセンター対策を相当やりこんでいました。たしか年末までに「河合塾の25回分の過去問題全部終わってしまったんですが・・・」といっていた気がします。結局、マーク模試の過去問を買って解いていました。 センター試験では英語192、リス46、数学98+95、理科95+93、社会68、国語140で合計が87%と勝利ではないものの引き分けで二回戦の二次試験に可能性を残すことができました。

しかし、K氏に言いたい。これだけセンター良かったなら、自己採点してすぐに報告しろよ!と。センター直前まで毎日自習室に来ていた生徒が、センター後3日も顔を出さなかったら、相当結果が悪かったんだな、なんて声をかけてあげたらいいだろうか、と心配するじゃないか。まあ、結果が良かったからいいんだけどね。

なんにせよ、二次試験まで残り40日です。  

ここでまたひとつ、五条高校生、いや、愛知県の高校生には他の難関大学受験生と比較して圧倒的な不利が待ち構えています。それは「自由登校がない!」です。

sodeng.hateblo.jp

0.5点!

今日は、昨年の卒業生が塾に来てくれたんですよ。国立大学入試の得点開示をもってきてくれました。

この生徒の受験は昨日upしたKさん以上に過酷で国立前期一本勝負。実際には、国立後期と私大含めて複数校受験だったのですが、第一志望以外は行く気ナシという、かっこよすぎる受験でした。

見せてもらった結果は1300点満点のテストで合格点まで6点不足。100点満点のテストだったら0.5点ですよ。これは、悶えますよ。しかも順位を見るとこの6点に数十人が乗っているらしく、合格最低点前後は1問に泣いて1問に笑う、そういう世界だということが分かりました。

わざわざ持ってきてくれて、スーパー嬉しいですね。嬉しかったので田舎のおばあちゃんみたいにジュースを2本あげました。

ちなみに今は某大手予備校に通っているらしく「めちゃ楽しいです。高校の授業なんだったんだろう」と言っていました。笑

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp

五条高校の生徒が3年間しっかり勉強して国立大学医学部に現役合格した話 7

久々に五条高校合格シリーズ再開します。第一話はこちらから。

五条高校の生徒が3年間しっかり勉強して国立大学医学部に現役合格した話 1 - 月刊木村:清須市で営む塾での日々

 

高2の終わりころに、いくつかKさんから質問をされました。

「塾の数学の授業とったほうがよいですか?」という質問には、「いらん」と答えました。自習で進めることができるならそれにこしたことはありません。「部活はやめたほうが良いんでしょうか?」にたいしては「もう引退が近いのだから続ければ良い。それより高3になってからの放課後の時間が心配」という話をしました。

高3で私が一番心配していたのは、高校の放課後補習でした。五条高校では高3になると放課後に補習が入ります。夜は遅いと19時ちかくまで補習になることもあるようです。

普通、「高3になってさらに授業が増えるなんて、さすがの受験指導だ」と思う人が愛知県にはきっと多いのでしょうけど、私からすると補習とは自習時間を奪う邪魔者という認識です。一斉授業という極めて非効率的な指導に時間を奪われるだけでなく、生徒の自立心や判断力をも奪っていきます。

自立心や判断力とは、きれい事で言っているのではなくて大学受験を成功させるための必要な能力として挙げています。難関大学受験においては「合格するための条件はなにか?」ということを受験する本人が常に考え、計画に反映していくことが必要です。とくに高3秋以降の志望校の過去問題演習において、単に問題をとくだけでなく自分に足りない能力は何か自分を俯瞰的に見る能力がなくては、赤本を有効に使えません。誰に言われなくてもそういうことを考えられる自立心と、自分に不足している能力を考える判断力は必要不可欠です。

私はそれまで五条高校の補習について知識が無かったのですが、形式上は申し込み書を提出するという任意のものだとわかりました。

詳細は省略しますが、なんとか補習は回避することが出来ました。 これで合格が近づいたと私は思いました。五条高校の生徒にとっての受験は、こういう余計な仕事がある分大変ですが、その交渉を成功させるかどうかも受験で測られる能力の一つなのでしょう。

sodeng.hateblo.jp

名大名大言うけどさ 2

1学年200人の中学校で2人しか合格できないはずの名古屋大学。高校受験では学年40番くらいから旭丘高校に受かる気なんてしなかったのに、大学受験になると逆転出来てしまう気がしてしまいます。

この傾向はレベルの低い高校ほど強くなるように見えます。

たとえば、これまで複数の一宮高校生が「学年100位に入っていないと名大を志望すると口に出せる雰囲気ではない」と言っています。さすが一宮高校は、実際の難易度と自己評価のズレがほとんどありません。賢い生徒が多いのだろうと思わざるを得ません。

一方で、一宮高校の滑り止めにすらならない3ランクくらい下の某○○高校になると、学年順位などおかまいなしにやれ名大だの、名工大だの、とと東大?!きょきょ京大?!という、ついに私の塾もビリギャル(ギャル男)を輩出して一儲けする時が来たかという熱い生徒が話を聞きにきてくれるケースが増えます。

限界を目指して頑張るというのなら是非応援させていただきたい。私だって、最初から否定するなんて野暮なことはしません。どちらかというと、信じやすいタイプですから、「きみがそこに行きたいのならおじさんが手伝えることはしてあげやう。」という気持ちになります。そこで、「いまのきみの実力では6年かかってしまう。なんとか3年くらいでいけるように勉強メニューを少しきつめに考えてあげるから、頑張ってついてきてね」と続きます。

でも、これまでそれが続いたためしが、一度たりともない(;_;)

だから「口だけ野郎ばっかりのクソ高校め」というのが今の私の評価。ごめんね。

もちろん、100%無理なことなんて世の中にはありません。実際に、○○高校からだって名大に受かることはあるわけですから、やり方さえ間違えなければ十分に可能性はあります。

しかし、名大目指すならそれなりに努力しようや。一宮高校の定期テストの数学、めっちゃむずいの知ってる?みんな、ヒーヒーいいながら3年間勉強しているのです。中学時代、学年1桁をキープし続けたようなまじめで暗記力のある生徒が、です。そういう生徒が「100位に入ってないし、名大志望と言うのは肩身が狭い」といってさらに学力を上げようと努力している、そういう世界があるわけです。

また、名大レベルになると「○○学部の××学科に絶対に行きたい」という熱い夢を持って、高1の最初から、もしくは中学時代から努力を継続している生徒もいます。そういう人は自分の夢がやる気の源泉なので、勉強を「やらなきゃいけない」と思っている人よりもはるかに高いテンションで頑張っています。

そういう人たちが合格するかもしれないし、しないかもしれないのが名古屋大学とか、それに準ずるレベルの難関大学です。口だけ達者でたいして努力をしないというのは、いろんな人に失礼だと私は思います。

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp

名大名大言うけどさ 1

名古屋大学に行きたいという生徒は私の塾でもとても多いし、私の塾に限らなくても石を投げれば必ず当たるくらいにたくさん生息していることでしょう。

東海では間違い無くダントツの難関大学であるし、合格できればそれなりに面白い人生が歩めるのもたしか。そこを目指したいという気持ちは、ぜひ大切にして欲しいと思います。

しかし、口だけになっていないか自問していただきたい。「取りあえず目指すか」というレベルの大学ではありません。一宮高校レベルの生徒が3年間頑張って、届くかどうかというのが名古屋大学です。

 

とりあえず みんながめざす なごやだい がくねんなんにん いけるかわかる?

 

という問題提起の短歌を詠んでみました。中学の同級生のうち、何人くらいが進学できるのでしょうか。

一つの目安として、一宮高校の名大合格者数が毎年60〜80人程度です。その上に、東大・京大・東工大なども何人かいるので、だいたい学年で上位100人が名大レベルに行ける計算になります。1学年は約320人ですから、上位1/3です。

では、中学時代、一宮高校(もしくはそれに準ずるレベルの高校)に進学したのは学年何人でしたっけ?200人の中学で10人はいないでしょう。せいぜい、上位5名程度くらいなものですよね。

とすると、200人のうち一宮高校レベルのところに進学した5人がいて、その5人のうち1人か2人が合格できるかどうかというのが名大の体感レベルではないでしょうか。

一般の高校生が思っているよりはずっと難しいのが大学受験です。これは名大に限った話ではありませんが、10年かかっても受からないようなやつが「東大を目指す」と軽々しく発言してみたり、「MARCHは滑り止めw」といいながらMARCHに全落ちする受験生なんて枚挙にいとまが無く、それだけ大学受験の過小評価、見方を変えれば、実力の過大評価が普通に行われているわけです。

この過小評価・過大評価が行われるのはレベルの低い高校でより顕著です。 

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp