月刊木村:清須市で営む塾での日々

相伝学舎という塾を経営しています。好奇心の格差時代に、大学受験を通じた成功体験の場を提供することが使命です。

「管理教育から国民を守る塾」に変えようかな

最近blogアクセス数が減少していまして、なんでだろうと思って調べてみたら検索からの流入が昨年同月比で半分くらいに減っていました。コンテンツ自体は増えているので検索に引っかかりやすくなるはずですが、不思議です。

最近は「○○高校はウンコ」とか「××高校なんて絶対進学しちゃダメ」とか、尖ったことを書いていないので、ここは一つ「管理教育から国民を守る塾」あたりに塾の名前を変えて「五条高校ぶっ壊す!」とか言わないとダメですかね?

でもそういうのは疲れちゃうんですよ。あおり運転してきたヤバイ人が目の前で車を停止させて「オイコラァ!」とかからんできたらドアをロックして車の中にこもって警察に通報するのが普通なのであって、「なんじゃコラア」とか応戦したらめんどくさいだけじゃないですか。というかそもそもあおり運転するような車には近づかないのが一番なのと同様に、高校のヤバイ側面も塾の生徒を守れさえすればあとはこちらからはチクチクつつかないほうがいいんです。

でも情報発信したらしたで、塾に通えないもっと地方の人にとって救いになることもあるので、そのへんのさじ加減は難しいですね。


大学受験 相伝学舎 (清須校舎、桜山校舎)
http://www.sodeng.jp

釣りの教育効果が高い件

昨日のどす黒いカニはワタリガニの一種で、妻が「カニを捕りたい」とか言い出してカニ網とかいう仕掛けを買って投げ入れて1時間後に引き上げたらかかっていた獲物であります。妻はカニ、イカ、タコといった魚じゃないものに興味があるようです。

 

f:id:sodeng:20190918194643j:plain


この綺麗な色を見て下さい。天然のマジョーラカラーですよ。

自然のものは色も形も美しいですね。

 

釣りってものすごく教育効果が高いと思います。

・釣りの仕掛けを工夫する過程で、PDCAを回すことを覚えられる。

・波の様子を観察すると、物理の波動の予習になる。

・潮の満ち引きの様子は万有引力の予習になる。

・カニは本来赤くないことがわかる(みんなが信じていることでも間違っていることがあることがわかる)

・魚をさばくと、魚の内臓や筋肉の仕組みがわかる。

・魚を締めると、食べ物に感謝する気持ちになる。

 

勉強というのは教育のごく一部だということは重々承知ですが、釣りを中高以降の勉強にからめると、教科書上の自然科学(物理、化学、地学、生物など)が理解できるかどうかというのは、実際自分の目で見たことがあって、手で触ったことがあるかどうかで大きく変わります。

教育投資は年齢が低い方が効果が高いとは良く言ったもので、釣りに限らず小学生までに様々な自然科学を体験しておくことは、その後教科書で学ぶときの基礎になります。


大学受験 相伝学舎 (清須校舎、桜山校舎)
http://www.sodeng.jp

質問の答え、保留!

3年生からの質問で「○○の参考書が2周終わったんですが次何やればいいですか?」というものがありまして、この手の質問は高1、高2のうちはだいたい同じ答えになるのですが、3年生ともなると学力的にある程度仕上がってくるのでいくつか選択肢が出てきます。

さらにこの時期からは、志望校の過去問のレベル、今の生徒の英語の学力、志望校の受験科目、その生徒の英語以外の学力、残り時間、など色々な変数が生まれてきます。で、もう一つ大切にしたいのがその生徒が何をしたい/しなければならないと考えているか。自分が問題だと思っていることの勉強は力が入るので、その気持ちも考慮していきたい。

ということで「保留、考えときます!」というお返事を取りあえずしておきました。

数日以内に良い選択肢を考えたいと思います。

塾では高3になると月謝の金額があがりますが、教える難易度が上がるのはもちろんのこと、勉強面でのアドバイスをするときに色々なことを考えないと判断が難しくなるというのもその理由です。

それで、たびたびのことになりますが、この手のアドバイスをするときに生徒のこれまでの模試結果というのが参考になりますので、模試が返却された人は必ず提出してください。遅れて出すのもOKですし、結果の見栄えが悪いものでもOKです。

f:id:sodeng:20190916220624j:plain

う〜ん


大学受験 相伝学舎 (清須校舎、桜山校舎)
http://www.sodeng.jp