月刊木村:清須市で営む塾での日々

相伝学舎という塾を経営しています。好奇心の格差時代に、大学受験を通じた成功体験の場を提供することが使命です。

私大専願でセンター試験受ける必要あるの?

先週、第一志望が私立大学の生徒から「センターって受けたほうがいいんですか」という質問をもらいました。私立専願の場合、正直受けるとしたら思い出づくりという感じになります。

 

よくある誤解

・センター試験で私立大学も出願できるじゃないか

その通りですがセンター利用私立は、国立大出願者がセンター試験を受けるついでに滑り止めとして出願するもので、たとえば名大くらいを受ける受験者なら南山大学のセンター利用に出願しておさえておくとか、東大受験者が早稲田のセンター利用でおさえておくとか、そういう扱われ方をします。したがって、南山大学を第一志望とする生徒がセンター利用で出願するのは馬券を買うようなものであり、早稲田大学を第一志望とする生徒がセンター利用で出願するのは宝くじをかうようなものであります。センター試験がたまたま知っている問題ばかり出たら、受かります。

 

・試験慣れ出来るじゃないか

センター試験で試験なれしなくとも、たいてい第一志望の大学のまえには何個か滑り止めの入試を受けているものなので心配するに及びません。というか、第一志望は試験なれしようがしまいが、誰でも緊張します。なので、第二志望以下の入試にたいする試験慣れという意味合いになってくるのですが、案外第二志望以下の入試は模試と変わらない感覚で受験できる生徒も多いので、センター試験そのものが試験慣れとして効果を発揮する生徒の割合はおそらくそこまで多くありません。

 

一方で、受けないことでメリットもいろいろあります。

・センター対策をしなくても良い

数学の誘導の乗り方とか、国語の問題を解く順番とか、英語の時間配分といった、センター試験のための勉強をする必要がなくなります。

・体調管理に気をつかわなくても良い

冬の寒い日、とくにセンター試験の日はやたら大雪になる印象が強いのですが、そんななか数十人、数百人が一部屋に収容されるので私立専願なら風邪をうつされるリスクをわざわざとらなくても良いです。

・センター試験に時間を拘束されなくてよい

科目数を絞っても二日間会場に通う必要があるので結構時間を奪われます。また、それなりに集中するので翌日まで疲れが残ることもあります。

 

それに対して、受けないことのデメリット(受けることのメリット)って・・・。「思い出づくり」以外に無いですよ。

でも、センター受けませんなんて学校に行ったら大反対されますよ。生徒の第一志望なんてどうでもよくて、コッコウリツ合格者数を一人でも多く稼ぎたいというのが本音ですからね。

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp

9月20日(水)自習室タイムサービス

本日限り、自習室には通常のおやつコーナーに加えてパンコーナーが設置されています。私の両親が昨日小田原から遊びにきて、そのお土産で持ってきてくれました。

消費期限が今日までなので、積極的にお腹の中におさめて、勉強エネルギーに変換してください。f:id:sodeng:20170920123430j:plain

22:09 追記

結構うれた。良かった。

f:id:sodeng:20170920220907j:plain

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp

大学受験、直訳か意訳か 3

なんとなく読みと、精読の境目を紹介しましょう。

 

Air pollutants can be divided into several types.

1. 空気中の汚染物質はいくつかのタイプに分けることができる。

2. 空気汚染物質はいくつかのタイプに分けられることができる。

一見、日本語として不自然な2が精読で1がなんとなく読みです。1はbe dividedという受動態を無視しています。英文を能動態に書き換えれば、

(We) can divide air pollutants into several types.

となるので1の訳でも意味としては間違いありませんが、「受動態で意味がわかりにくければ能動態にして訳す」というのはハイレベルな話なので、高1でこれをやっていたらなんとなく読みと判断しバツ。

こまけえよ、と思われるかもしれませんが、この中学レベルの基本的な英文法へのこだわりが、大学受験でも難解な英文の精読の成否に影響してくるのです。a bored man(退屈している男)とa boring man(つまらない男)の違いが 現在分詞は能動態、過去分詞は受動態で名詞と関係する点から生じることなども、英文法自体は中学レベルであっても、解釈上の影響力が大きいので授業中に何度も強調することになります。

 

By the age of three a boy is beginning to realize...

1. 三人の男の子の年齢によってわかり始める。

→SVが崩壊しています。three a boyをひとかたまりとみていること、Sが無いことに疑問を持たないことが原因です。

2. 三歳頃の男の子は、...気づき始めている。

→こちらは前置詞Byの無視、the / age / of / three / a boyのなんとなく読みです。

3. 三歳までに、男の子は...気づき始める。

→これが精読。

By the age of three, a boy is beginning to realize...

なら分かりやすいのですが、常にコンマで修飾語の切れ目が明示されているわけではありません。

 

次はある和訳問題にたいする答案です。

1. しかし、脳は古い習慣を変え、そしてとても難しい新しい習慣を作っているとき、変化に抵抗する。

2. ところが脳は、変化や古い習慣を変えることや新しい習慣を極端に難しいものにすることを拒む。

3. しかし、脳は変化に抵抗し、古い習慣を変えることや新しい習慣を作ることをとても困難にする。

使われている単語は同じでも意味がバラバラ。これらは高3の答案ですが、さすがに高3ともなると単語の足し算をして間違うというよりは、文法を英文解釈に応用するときに、判断を誤るという感じです。その判断の誤りを出来るだけ少なくするように和訳添削を通じて教えていきます。 

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp

 

大学受験、直訳か意訳か 2

大学受験の英文和訳問題は、「構造理解」「英文中での意味の理解」「知らない単語の推測」に気をつければ失点することは考えにくいです。色々な大学が「そういう観点で採点してますよ」ということを公開しているからです。

この3点でいうと一番大きいのは「構造理解」です。to不定詞の用法はなにか、分詞構文と動名詞の違いが区別されているか、主語と述語は正確に読み取れているか、andのつなぐものに間違いがないか。

構造理解が出来たうえで、英文中での意味や知らない単語を推測することができて得点出来るのであって、いくら単語の意味が正確でも主語を取り間違えていたらそれは大幅減点になると考えて差し支えないはずです。

For example, a recent study analyzed commercials  to see whether any change had occurred since the 1980s.

という英文に対する訳で

「たとえば、最近の勉強は広告に1980年から変化があったかどうか見るものだ」

という思い切った訳、これはもちろん0点ですが、訳の日本語をみると「勉強は・・・見るものだ」となっており、"a recent study"にたいする述語動詞にto seeをとるというめちゃくちゃな解釈になっているから大幅減点。訳語も不適なものがあるので0点になります。

「たとえば、最近の研究は、1980年代から変化が起こっていたかどうかをみるために、コマーシャルを調べた」

これならa recent study(=S) analyzed(=V) commercials(=O) to see(=副詞用法「目的」)が理解できているので、英文解釈における減点はなく、あとは細かい訳語で数点減点されるかどうか、となります。

ではto不定詞の副詞用法「目的」を前から訳して

「最近の研究はコマーシャルを調べて、・・・ということを理解しようとした」

としたら、どうでしょうか?

日本語では「調べて・・・理解しようとした」と書かれた場合、「理解しようとした」ことが「調べる」ことの目的であると読み取れるので、英文の意味は正しく和訳されています。しかし、to不定詞の副詞用法「目的」は、「〜するために」と習っている高校生が大半であり、意味を考えれば前から訳すことも出来るということを知っているのは英語が好きでそれなりに学力が高い生徒の話です。

私なら、前から訳された解答は生徒によって採点をわけます。

というのも、なんとなく読みの達人、雰囲気読みの達人であれば

a recent study(最近の研究・・・)analyzed(分析した)commercials(コマーシャルを)to see whether-(-かどうか理解する)

=「最近の研究はコマーシャルを分析して、-かどうか理解しようとした」

と訳せてしまうからです。英語力のある生徒も、無い生徒も同じ訳に行き着いてしまう可能性があるのが、to不定詞の副詞用法「目的」です。

だから、英語の学力が高い生徒ならマルにするし、低い生徒ならバツ。

ただ、私が受験で英語の試験を受けたとして、ちょっとおしゃれに前から訳すかというと微妙です。上に書いた通り、とてつもなく理解していないと思われる可能性があるからです。

大学が合格させたいのは、うまい訳を作れる学生じゃなくて、英語の論文を正確に読んで自分の研究に役立てられる学生です。翻訳家を養成する場じゃなくて、あくまで研究の場ですから。

「うまい訳できますよ」ではなく「英文法を正確に分かってますよ」ということをアピールできる答案をつくることを心がけるでしょうね。

f:id:sodeng:20170918221142j:plain

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp

大学受験、直訳か意訳か

Nothing is lost if it doesn't work.

という英文は直訳すれば「それがうまくいかなくても何も失われない」という意味になります。これが学校のテストで出題されて、模範解答が「実際にうまくいかなくとも、もともとさ」となっていて、前半は良いとして後半が「もともと」という日本語になっていないとバツ、ということで私の生徒もバツを食らっていまして「先生はどう思いますか」と意見を聞かれました。

大変できる生徒なので、そりゃあなたがそう書いたならそれが正解でしょう、というのが率直な感想ですが、大学受験的に考えてみます。

大学入試の和訳問題の採点基準は調べると意外と公開されています。興味のある人は「英語 出題意図 大学」などで検索してみてください。英語の出題意図を見てみるとおおむね「構造理解」「英文中での意味の理解」「知らない単語の推測」あたりに落ち着いています。なので受験生としては与えられた英文の構造を正確に把握して、まずは直訳をしてみて、直訳だけを読んだ人が意味を理解出来ないような日本語になってしまった場合には、直訳から離れつつも英文の意図から離れない範囲で意味を訳していくという作業になります。

ではこの観点からみてみましょう。

一応文脈を書いておくと全体は会話文で

A「俺はいろんな人に愛想を振りまいて、それが連鎖することでこの街に愛が再び戻ってきたらいいなと思っているのさ!」

B「それは理論上そうかもしれないけど実際うまくいくとは確信もてないなあ(I'm not sure it works in practice.) 」

A「Nothing is lost if it doesn't.」

です。まずは「うまくいかなくとも、何も失われない」という直訳を作ってみます。これで日本語として意味が通じなければ日本語がおかしいという理由で減点の恐れがあるのですが、これで通じないことはないでしょう。東大で出題されたら、何か意図があるのかと思って考えるかもしれませんが・・・

これにたいして学校の模範解答である「実際にうまくいかなくても、もともとさ」という訳はたしかに、雰囲気が出ていて読みやすいと思います。また、辞書を引いてみると、loseのところに You've got nothing to lose by trying this new medical treatment.「だめでもともとだから(だまされたと思って)この新しい治療法を試してみたら」という例文があります。形容詞のlostだとAll is not lost.「すべてがだめになったわけではない」という例文があります。

でも、「もともとさ」という訳が絶妙な訳だとしても、それは直訳を間違いだとする根拠にはなりません。

これがHe was lost.(彼は道に迷った)という意味で使われているところを「彼は失われた」なら、全力でバツをつけていいと思うんですが、与えられた英文のlostにそういう特別な意味は感じられません。

学年の1割近くが東大・京大・国立医学部医学科に合格するその高校において(先生基準の)正解者が一人もいなかったというのが私のなかで決定打。 生徒たちに誤りはないでしょう。

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp

今の高校生達どうなるの? 3

25〜34歳の男子700万人のうち104万人がおそらく現状に大きく満足することはないであろう雇用形態で働いています。では、大卒なら安心なのかというとそうとも言い切れないと思うんですよ。

ここから先はデータではなくて感覚で話を進めていきますが、大卒であっても卒業時に新卒として正社員になれなかったりとか、もしくは一社目をすぐに辞めてしまってそれ以降非正規だったりとか、大学を卒業してもいくらでもそういうケースはあります。

極めてレアケースだとは思いますが、東大卒であってもそうなることがあるのですから。

nikkan-spa.jp

 

日本の社会においては、いったんこぼれ落ちると、もとのレールに戻ることが難しい構造になっているのだと思います。

新平等社会―「希望格差」を超えて (山田昌弘、文春文庫)という本の243ページにこんな図があります。

f:id:sodeng:20170915023656p:plain

この本ではレールをパイプラインにたとえていて、高校や大学等でレールから外れることを、パイプラインから「漏れる」と表現しています。うまい表現だと思います。

ちょっと引用します。

 ニューエコノミーでは、物作り主体のオールドエコノミーとは違って、商品やシステムのコピーが容易である。そこで生じるのが、コピーのもとを作る人と、コピーをする人+コピーを配る人への分化、マニュアルを作る人と、マニュアル通りに働く人への分化なのである。それは、将来が約束された中核的、専門的労働者と熟練が不要な使い捨て単純労働者へ、職業を分化させる。そして、グローバル化による競争激化や金融危機がその傾向を加速させる。そして、その影響はまず、若者を直撃する。

 企業は、若者を選別して、能力のあるものは中核社員、専門的社員として優遇し、それ以外は、派遣、アルバイトなど身分保障や社会保険負担のない労働者で置き換えようとする。その結果、非正規雇用者が大量発生する。それが、日本では、フリーターの増大として現れるのだ。

 一方で、旧来型の産業・職は、徐々に衰退局面に入る。工場はアジアに移転し、メーカーは工員を大量に採用しなくなる。IT化は、営業や事務、販売職の(熟練を前提とした)正社員を不要にする。

 

平たく言えば、新しい価値を作る創造的な人には仕事があるが、作られた仕事を回すしか能力の無い人の仕事は待遇が悪くなるということであり、これは日本のマクロ環境からしたら今後も変わることはない、悪化することはあっても良くなることはないでしょう。

この状況は、今の中高生たちは本当に自分の問題としてまじめに向き合ったほうが良いですよ。ちゃんと勉強しておかないと、22歳の時点で社会人としてのスタートラインさえまともにたてないということが十分ありえます。

もちろん就職がダメでも打つ手はいくらでもあります。でも、公立高校生というのは良くも悪くも小中の9年間、レールに乗っかって従順にやってきた人間です。実際にそうなったときにどれだけ前向きにやっていけることか。私だって今でこそレールから外れて自分で商売して生活していますが、仮に就活に失敗していたらどうなっていたかわかりません。

社会人としての第一歩は多くの人にとって就職活動で決まり、その就職活動は学歴によって同じ就活とは思えないほどの違いがあり、その違いを産む学歴というのは高校3年間の勉強によって決まります。

ショボい大学にしか受からなかったら負けだ、くらいに思ってやったほうがいいですよ。

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp