読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月刊木村:清須市で営む塾での日々

相伝学舎という塾を経営しています。好奇心の格差時代に、大学受験を通じた成功体験の場を提供することが使命です。

新川高校での大学受験を考える

木村の考え 愛知県内の高校研究

大学受験という観点からみた新川高校の可能性について考えてみます。考え方によってはこの高校での大学受験はアリです。

一番のポイントは五条や西春高校よりは、テストや宿題の厳しさが少ないという環境面です。ひとたび新川高校に入学してしまうと、少し勉強の指導が厳しいように感じられてしまうかもしれませんが、五条や西春と比べたらマシです。

指導が厳しくないことがラッキーなのはなぜだと思いますか?

それは、学校の勉強というのはやればやるほど大学受験の合格から遠ざかるものだからです。大学受験と定期テストは全くの別物です。定期テストで良い順位をとって偉そうにしている友達は、1年後2年後の大学受験で高い確率でコケます。

ではどういう人が大学受験で成功するのか?それはセンター試験や二次試験が解ける人であり、そういう人は基本的に模試の結果がずば抜けて良いのです。新川高校にかぎらず高校生は定期試験の順位を追いがちですが、定期試験よりも実力テストや模試を重視してください。

一般的な新川高校生が大学受験に成功するにはどうしたら良いか、考えましょう。

生徒のレベルと校風

まず、平均的な新川高校生が高校に入学したときの学力を把握してみましょう。新川高校合格に求められる内申点はオール4は必要なく合格者平均は33-34程度くらいですかね。とすると中学課程の理解度は8割程度ということになりますから、この状況から大学受験をするとなると入学時点からハンデを背負っていることになります。中学校のときの同級生たちと比べたら普通かちょい上くらいと思って高校生になるわけですが、大学受験というのは進学校の生徒しか参加しない競技です。この競技において、平均的な新川高校生は底辺です。まずここを認識しましょう。

まずは中学の英数を克服せよ

大学受験でカギとなる科目は英語と数学です。この科目はどこの大学に進学するにもたいてい必要で、かつ全国多くの受験生が「難しい」と感じる科目です。これらを仕上げることが超大切なのですが、平均的新川高校生、つまり西春落ちの滑り止めや五条落ちの滑り止めでもなく第一志望で新川高校に入学した生徒というのは、前述のとおり中学校のときの英数の理解が8割程度です。数学というのは中学が8割でも高校の勉強をごり押しすればなんとかなるものなのですが、英語はそうはいきません。

まずは中学校の教科書を開いてください。そこにかいてある英文法は全て暗記していますか?日本語から英語に訳せますか?これがYESなら大学受験勉強にとりかかりましょう。NOならまずは中学の教科書を丸暗記してください。

とくに「関係代名詞(主格、目的格)」「現在分詞、過去分詞による名詞の修飾」「受動態」「SV,SVC,SVO,SVOO,SVOCの分類」が出来ない人は、まず間違い無く大学受験英語は出来ません。これの丸暗記が大前提です。

中学校の英数が完璧になったら高校の定期テストを頑張る?わけねーよ!

平均的新川高校生から平均的大学受験生(の高1の春)のレベルにあなたはたどり着きました。もしあなたが高1の春にその学力で入学したらどういう勉強をしたらよいと思いますか?

おそらく「入学前に出された課題を頑張る」とか「一発目の定期テストから飛ばしていく!」とかそんな感じでしょう。それは完全に間違いです。大学受験に成功する人はそんなことをしません。

では何をすべきかというと、英語は長くなるので略しますが英単語を覚えるのと英文解釈を勉強してください。数学は簡単に紹介します。新川高校であれば黄チャートが配られることと思いますが、ひたすら黄チャートの例題を繰り返してみてください。4ステップなど教科書傍用問題集を取り組むのは危険です。解説が少ないので解法を理解するのに時間がかかりすぎます。

チャート式は難しいという先入観があるかもしれませんがそんなことはありません。よく読めば誰でも理解できます。チャートを5回くりかえして解いてください。学校で2次関数をやっているのなら、2次関数のチャートの例題を5回解く、これだけです。これだけで確実に模試の成績はあがります。具体的には進研模試で数学60は最低でいきます。

先生に騙されるな!

私の指導は文系でも理系でも「英数を得意科目にしろ、得意科目に仕上がるまでは他の科目は手をだすな」です。高校の先生は立場上「国立にいくためには英数国+理社が必要だ!」と言うでしょうが、大学受験のセオリーは英数先行です。時間のかかるこれらの科目を超得意に仕上げることによって、難関大学への道が開けてきます。逆に英数が仕上がる前に別の科目に手をだしてしまったら全部仕上がらずに、受験できるのは地方の公立で滑り止めの私立についても3科目だけをやっている生徒に勝てず滑りどまらない、がありえます。

学校の言うことを聞いて一生懸命努力したその先には、過去の合格実績と同じような未来しかありません。もちろん、そういう地元のコッコウリツや名門風私立大学でよければご自由にという感じですが、大して就職も良いわけでは無いし刺激的な友達に出会えるわけでもない、そんな大学に進学して何の価値があるか私にはわかりません。

行くならとことん良い大学にいくべきです。国立で年間60万円程度、私大文系で100万円、理系で150万円というのはどの大学にいってもほとんど変わらないのです。偏差値50の大学にいっても、東大にいっても学費はかわりません。同じお金を親に払ってもらうのなら、良い大学にいきなさい。

新川高校において、学校の勉強を努力した結果地方の国公立にやっといけるのですから、それ以上の難関大学(名大以上)に行きたければ高校の常識は捨てて、難関大学受験生の常識で物事を考えないと不可能です。

悲観することはありません。平均的新川高校生として入学したとしても、これらのように合理的にものごとを判断することができれば難関大学に合格できる可能性はかならず高まります。「ビリギャルなんて偏差値30とかいいながら中学から淑徳かよ、頭がいいんじゃん」と思いますか?中学で淑徳にはいったとしてもその後数年間勉強しなければ平均的新川高校生と学力は変わらないでしょう。

聖徳太子をしらない女子高生だったというのは本当か嘘かわかりませんが、高2から勉強して慶應に行ったというのは事実なのです。ビリギャルの本読みましたか?彼女は受験に目覚めてからはずっと内職を続けて勉強したのです。先生になんと言われようと無視して勉強したのです。

「中学から淑徳かよ、頭がいいんじゃん」というのはあなたが保険をかけているだけです。頭いい奴だから成功したんだと思い込むことによって、自分がチャレンジしても成功しないから最初からチャレンジしない、つまり失敗をして恥をかきたくないからそういう言い訳をしているのです。

と、ここまで書きましたが新川高校生は「たいして勉強してないのに目標だけ高い」という生徒の割合が多いです。しかし、最後まで読んでくれたあなたはそうでないことを祈ります。是非、自分の人生を自分で切り開いていってください。

 

f:id:sodeng:20150813231312j:plain

清須市の大学受験 相伝学舎

http://www.sodeng.jp