読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月刊木村:清須市で営む塾での日々

相伝学舎という塾を経営しています。好奇心の格差時代に、大学受験を通じた成功体験の場を提供することが使命です。

進学した高校で大学受験の結果が決まりません

所属高校と大学受験の関係は、昨日までの記事1、2でおおむね説明可能です。ただし、例外として進学した高校で大学受験の結果が決まらないケースもあります。

それは、内申美人と内申ブス(?)のケースです。

中学時代に先生に好かれることで実力以上の内申を得ていた生徒は、良い高校に進学できたとしても大学受験は苦労します。

逆に、中学時代に実力相当の内申を得られなかった生徒は、高校受験が納得のいくものではなくても大学受験で実力を発揮できます。

内申美人の生徒は悲観することはなく、指定校推薦による大学進学という道があります。高校3年間の評定によって、大学に進学できます。ただ尾張の高校では「一般入試に専念する!」という謎の習慣のせいで指定校推薦が使えない高校があるので、内申美人だと認識している生徒はちゃんと指定校推薦がある高校を調べておきましょう。

清須市の大学受験 相伝学舎
http://www.sodeng.jp